昔、テレビは一家に一台だった。
 
 

 昔、テレビは一家に一台だった。

 ひとりっ子だった僕は、兄弟でチャンネル争いをしたという経験はないけれど、それでもテレビのチャンネル権は大黒柱である父親にあって、自分の観たい番組を何が何でもすべて観られるという環境にはなかった。どこの家庭も似たり寄ったりだと思う。

 父の仕事は残業が多く(呑んで帰る機会が多く?)、夕食時に帰宅しているのは稀だった。だから比較的、平日夜7時台のテレビまんがは自由に観ることができた。珍しく早く帰宅した父に、有無も云わさずチャンネルを奪われた時など、「毎日遅く帰ってくればいいのに…」と、真剣に恨めしく思ったものだ。


 だがいま思えば、父親の合わせるチャンネルで自分のチャンネルも広がったことに、感謝しないでもない。

 大河ドラマのような“時代モノ”、落語や漫才といった“演芸モノ”、懐メロにクイズ番組に将棋… これらのジャンルは、父親が観ていなかったら観ていなかっただろう。そうして僕は、いまだに僕はそれらの番組を好んで観ていたりする。

 “趣味の幅”などというはばったい言い方はしたくないが、僅かでも僕にその“幅”があるとしたら、それは観ていたテレビ番組の影響は大きい。テレビなんかで得た知識で学んだなんて云うなよ… とあきれる先輩諸氏も多いでしょうが、書物から学ぼうが、ふざけたテレビから学ぼうが、肥やしは肥やし。


 が、僕がここで云いたいのは、そんなことじゃないんです。
 そう、自分だけの好みでチャンネルを選んでいたら、その幅もとても狭ぁ〜いものになっていたのではないだろうか…? ということ。


 現代の家庭はどうだろう?

 テレビは一家に一台どころか、一部屋に一台。子供部屋は勿論、バス・ルームにまでテレビを設置している家もある。
 チャンネル争いはなくなり、父親が『プロジェクトX』に涙している間、子供は自分の部屋でアニメのビデオを観たり、テレビ・ゲームに興じたり…。“水戸黄門の印籠”を知らない子供も多いというのには驚く。

 我が家でも僕がナイター中継をつけていると、娘はプイと違う部屋に行ってしまう。当然、野球のルールは少しも知らない。これが仕方なしにでも一緒にテレビを観ていれば、自然に野球のルールもわかるのに(興味も覚えるかもしれないのに)と思うと、少し残念。女の子だからまあしょうがないかとも思うが、ちと寂しい。


 親のチャンネル権でテレビを観ないことで、子供は二つのことを失う。
 欲求を我慢する辛抱強さと、オトナの嗜好の幅を貰うこと。

 わがままが通らないと、すぐキレる少年。
 アニメやゲームのことは詳しいのに、常識的な語彙や知識に乏しい少年。
 これは、家に自分専用のテレビがあることに起因してはいないだろうか?

 同じ家に家族は暮らしてはいても、人と人が接する時間が恐ろしく少ない。子が親から得るものもない。親が子に教える機会もない。
 それでは一緒に暮らしているとは云えない。家族とは云えない。

 好きな時に好きなテレビ番組やビデオを観て、好きなゲームに興じる。自分とテレビ画面 とだけの世界。友だちづきあいの煩わしさもない。傷つけられることもない。学校になんか行かなくたって、友だちとワイワイ遊ばなくたって、自分の部屋にいれば充分楽しい。
 闘争心も、ゲームで発散。負けそうになればリセットすればいい。自分の部屋にいれば、負けることもない。

 そうしているうちに今度は逆に、他人と接することが鬱陶しくなってくる。
 うまくコミュニケーションがとれない。ちょっとした他人の言葉に傷つく。何かをしようにも、段取りも手順も呑み込みも悪い。失敗や敗北に、この世の終わりを感じてしまう。
 芽生えた“悪意”は、匿名性を利用してインターネットで発散。これも自分とモニタだけの世界。
 不登校、引きこもり、、、年月が経てば社会不適応。。。

 社会に出る段になって、おいそれとそうした性格を変えられるもんじゃない。
 狭い視野の中だけで安穏と生きてきて、オトナになってやりたいことが見つからず、“自分探し”だなんて、ちゃんちゃらおかしい。


 「テレ ビ番組は低俗なものばかりで、これでは一億総白痴化である」
 と大宅壮一が云ったのが1956年。
 大宅壮一がどういうつもりで云ったのかは知らないが、テレビという魔の箱の影響で徐々に人々は狂い始め、長い時間の中で大きく風俗や考え方や人間そのものも変わり、酷たらしい現実がそこかしこに転がっている。


 テレビ番組総てを非難する気は毛頭無い。テレビから知識を得たと豪語する僕だ。
 しかし…

 昔、テレビは一家に一台だった。

 家の外でも僕らはいろんなことを学んできた。


日毎夜毎 はなやかさを増し
欲はつのり 物はふえる
とどかぬものは 何ひとつなく
それなりにしあわせはあるのだが

のろわれた人たちの
身の置き所はない
いましばらくなのか
もうしばらくなのか

(『鏡の前のつぶやき』 〜泉谷しげる)

 

 

| MENU |


テレビまんが大全集

Copyright © 1999 Nyanchoo

counter