ばくはつ五郎はいかしているんだよ
 
 

♪ワン・ツー・スリー・フォー
 ストップ!ストップ!

 ザ・ワンダースによるドゥワップ(?)的なコーラスで、この歌は幕を開ける。
 ザ・ワンダースが何者で、他にどんな歌を手掛けたかを私は知らない。大好きだった『ドボチョーン一家』の主題歌を唄っていたのが、拓郎の「恋の歌」を演ったラニアルズだったと後に知って驚いたが、もしかしたらザ・ワンダースも、意外な歌を唄っていたかもしれない。

 まあ、そんなことはどうでもいい。



♪ストップと言ったら涙が止まる
 ケンカをしたってくよくよするな
 笑ってしまえば忘れるものさ(イエイ!)

 この青春まっ只中の歌詞を、何の疑問もてらいもない声で、このリードボーカルはさわやかに歌い上げている。微塵の曇りもないさわやかさだ。納得づくで唄っているとしか思えない。いや、それを非難しているのではない。このさわやかさを持ってこそ、この楽曲は生きてくるのだから。

 そしてこの「イエイ!」には参った。
 はっきりと「イエイ!」と叫んでいる。これもまた、青空にこだましそうなさわやかさだ。

 この「イエイ!」にひっくり返っていると、間髪入れず、次のパンチが聴く者を襲う。

♪そんなこと そんなこと 考えているから
 ばっくはつ五郎ぉぉは ばくはつ五郎ぉぉは
 いかしているんだよ


 作詞は橋本淳氏。青山学院では、筒美京平氏と先輩・後輩の仲で、卒業後すぎやまこういち氏の所に二人とも出入りし、前者は作詞家に、後者はレコード会社の会社員から作曲家になった。

 筒美京平氏の最初の大ヒットとなる「ブルーライト・ヨコハマ」は、この二人によって生み出された。

 「ばくはつ五郎」の歌詞を見る限り、橋本氏の幅の広さには驚く。 しかし“言葉”は時代と共に歳をとる。

 いかしているんだよ・・・ はないよな、とつい思ってしまう。


 “いかれてる”も、もはや死語だ。

 私がサラリーマン時代、仕事中に床屋に行って戻って来た課長に、丁寧語のつもりで

 「課長、アタマ行かれたんですか?」
とお上手を云ったOLが、
 「誰のアタマがいかれてるんだ!!」
と叱られたことは、もう遠い昔の話だ。おまけに蛇足。


♪ワン・ツー・スリー・フォー
 ストップ!ストップ!  

 歌は2番に突入する。

 今度は、ストップと言ったら涙をふいて、緑の野辺を歩けと唄う。そこで「好きだ!」と叫べとも。勿論「イエイ!」も付いている。

 そしてやはり、そんなことを考えているから、ばくはつ五郎はいかしているらしい。

 いくらあの時代の歌でも、この歌はあまりに素敵すぎる。
 ばくはつ五郎は、そんなことを考えているから、ばくはつしているのだろうか !?

 “さわやかさ”は、一歩間違うと嫌悪だ。
 この歌の“さわやかさ”は、容認の器を越えている。


 そんなことを、そんなことを考えていると、今度は間奏のギターが私を襲う。この歌には油断しているヒマがない。

 てけてけ、て〜けてけ、てけけけ、てけけ〜…

 ・・・・・・・

 語る気力すらなくなるようなギターだ。
 涙が頬を伝う。


 ここでまた例のフックが出てくるのだが、

♪ワン・ツー・スリー・フォー
 ストップ!ストップ!

 この3コーラス目は、微妙にニュアンスを変えて唄われている。

♪ワン・ツーまでが pp(ピアニシモ)で、♪スリー・フォーでクレッシェンドする(爆笑)

 それだけじゃない。
 青空だって仲間だ。雲がみんなの笑顔を作るんだ、と考えてるばくはつ五郎を讃えるように、

♪そんなこと そんなこと
 考えているからァァァァァァ〜

と、もったいぶった妙な伸ばしで、ここでも1番2番とニュアンスを変えて攻めてくる。

 も、もうやめてくれ〜〜〜
 と、のたうちまわっても、ばくはつ五郎は許してはくれない。

 「ばっくはつごろぉぉぉぉぉぉ!!!!」

 とてつもない絶叫が歌を締めくくり、私は今夜も眠れずに、この歌がアタマの中をエンドレスで吹き荒れる。


 『赤き血のイレブン』の「わが友 玉井真吾」も強烈な歌だが、今回は歌詞の紹介だけで、詳しい解説は別 の機会に譲ろう。

 

玉井真吾は へんなやつ
ばかか りこうか わからない
テレ屋で 陽気で おセンチで
おこりだしたら台風野郎
ケンカ ハレンチ なんでもやるが
やつはほれたぜ サッカーいちず

 

| MENU |


テレビまんが大全集

Copyright © 2000 Nyanchoo

counter