NEXT


[2204] ゲバゲバピー 投稿者:為五郎 投稿日:2002/11/11(Mon) 16:45:46

あのー「前武のゲバゲバ90分」(1969年)って、CD化されているのになぜビデオ化されないんでしょうか?
 とっても見たいのに。
 


[2204へのレス] あんたかてアホや、うちかてアホや、ほなサイナラ(はやらなかった方) 投稿者:ルビ 投稿日:2002/11/11(Mon) 23:04:10

どうでもいいことですが、「巨泉・前武のゲバゲバ90分」だったでしょう。ビデオにするにはタレントが沢山出過ぎてるからではないかなぁ。許可とるのが大変でしょう。
昔、ガムの当たりくじで為五郎セットを当てたことがあります。


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/12(Tue) 00:13:32

正しくは、初期が「巨泉・前武のゲバゲバ60分」で、これが当たったので拡大版で「巨泉・前武のゲバゲバ90分」になったのです。

まあ、ビデオやDVDが出ない理由はルビさんの書いている通りでしょうね(あまりに出演している芸人が多すぎる。それも、今になっては所属事務所が変っていたりするので承認採るのが大変でしょうね)


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:uli 投稿日:2002/11/12(Tue) 04:24:00

東京地区では、土曜の昼(だったと思う)に「ゲバゲバ30分」というのも放送していたと記憶しています。ただし内容は「ゲバゲバ90分」からのコントの再放送でした。
あと、「ゲバゲバ」のスタッフが多数参加して制作されたというウワサの「カリキュラマシーン」も見たい!


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/12(Tue) 11:12:00

『ゲバゲバ90分』は今のバラエティ番組と比べると、遙かに質が高く濃いですよね。
あれだけの数のコントが詰まっていながら、ボツになったものも多いとか。
裏でそれだけのボツが支えているから、あんなに面白かったんでしょうね。

『カリキュラマシーン』も大好きで毎朝観てました^^;
ずっと続けて欲しかった番組です。 <作る側がもたないのかな?(笑)

http://www.begets.co.jp/doda/


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:こさむ 投稿日:2002/11/12(Tue) 15:06:27

『モンティ・パイソン』の日本版を意図したものだったのでしょうか?
当時、まだ人気が高かった頃に突然終了してしまったように思え、
私の周囲では「万博で外国人が大量にやってくるため、日本人が
こんなバカな番組観て喜んでることが知られては恥、として政府から
圧力がかかった」なんて噂がまことしやかに囁かれたものです(笑)


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/12(Tue) 21:33:32

あ、そうそう・・後期には「巨泉・前武のゲバゲバチョンマゲ90分」というタイトルになって、時代劇ギャグばかりになりましたよね(実は、こっちの方が好きだったりする。破壊的ギャグが時代劇と言う枠を見事に崩してくれる快感!(^_^))


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:ソーハイ 投稿日:2002/11/12(Tue) 23:48:55

 稲葉小僧さん、初期にゲバゲバ60分があったというのはほんとうなのでしょうか。
東京地区では、ゲバゲバ60分が日曜の昼に放送していたのは覚えていますが、初期版があったというのは初耳です。

 ちなみに第一回放送分についての朝日新聞の放送批評では、「大げさな、
音楽と理解不能なコントの羅列で、金をかけてこんなつまらない番組しかつくれないようでは、
放送業界の質も落ちた。」と批判しています。

 批判はされましたが、資料によると作り方のすごさは群を抜いています。

 プロデューサーだった井原さんの回想によると「自分はわがままだからスタッフに命令して成功したら手柄を自分のものにしただけ。たいしたことはしていない。
みんな、スタッフのおかげ。」ということになっていますが、藤村俊二さんと吉田日出子さんによると
放送作家が書いてきた台本でどれが使えるか徹夜で全部チェックして、つかえるものだけを採用した。
 うけなければ自分が責任を取ると言う姿勢で常にのぞんでいたとのこと。
今のバラエティー番組の制作者にそんな覚悟のある人が何人いるでしょうか。

 コントの作り方も徹底していて、たとえば藤村さんの演じたコントで、笛を吹いて交通整理している
警官の顔をアップにして、再び前身を写すと実はバレエを踊っているというのがありました。

 このとき、藤村さんは、トゥシューズをはいてきちんと立っているのです。表情を変えずにバレエを踊るというおかししさを出すためそこまでやったということですが、
演じる方のプロ根性にも脱帽します。

 また、終了の原因は、製作の質が高すぎてスタッフがもたないというのが一番の理由とのことです。
 特に、台本の採用は、放送作家の書いたものの3分の1しか採用されず、あとは、全部ボツ。採用されたものだけに原稿料が支払われたため、作家の消耗が激しく、
長くは続けられなかったようです。
なにしろ、ボツになった3分の2の台本で、10年分の番組が製作できたと言われているくらい質が高かったということで、
現在の制作者は、「古きよき時代の話だ。」などといわず、こういう精神は見習ってほしいものです。


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/12(Tue) 23:57:12

本当ですよ、ソーハイさん。
放送してた時間帯が違うかもね(こちらは中部地方)
ゲバゲバ60分では親が見ていた番組とかち合う為に涙を呑んでいたのですが、90分になって残り30分を爆笑しながら見ることが出来たんですから、あの感激は覚えています(そういえば、お客さんが座席にいて、その笑い声はリアルタイムだったんですよね。あの番組)


[2204へのレス] Re: ゲバゲバピー 投稿者:uli 投稿日:2002/11/13(Wed) 04:11:35

>稲葉小僧 様
えっ! あの笑い声って「奥様は魔女」や「世界の料理ショー」のようなS.E.じゃなかったんですか?


[2203] 海のトリトン 投稿者:美々 投稿日:2002/11/11(Mon) 16:04:41

 海のトリトンの歌(終わりの方)には、あの南こうせつとかぐや姫が参加してましたよね。
 あの映像が見たいのですが、可能でしょうか?
それから一緒に歌っていた女性・・確か○○リカさんだったような。誰か教えてくれー。


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/11/11(Mon) 16:19:46

すどうリカさんですね。あのあと夜の番組でレポータをしていた
記憶がありますが。
エンディングは(最初はあれがオープニングでしたが)歌ってる
人たちだけ実写で、正直違和感がありました(私はね)
「トリトン」はほかのアニメに比べ、あまり再放送しないし・・・
映像の方はわかりません(どなたかにタッチ!)


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:ルビ 投稿日:2002/11/11(Mon) 23:12:17

久しく見てないけどビデオ版(LD)に収録されていませんでしたかね?LDには視聴者がユーマチックに録画した本放送第1話のオープニングとエンディングも収録されていました。絵が間に合わなかったんですよね。
OP・EDが逆転したものには他にも「ガッチャマン」や「ハクション大魔王」などがありますね。

須藤リカとかぐや姫の曲はこちらが「海のトリトン」ですよね。
もうひとつの有名な方は「GoGoトリトン」でした。
トリトンの曲の中で唯一、クラウンレコード音源なので、他の曲と一緒に聴けないのがこの曲をマイナー化してる要因のひとつでもあります。


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/12(Tue) 11:11:08

これですね=^-^=

http://www.begets.co.jp/doda/


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/11/12(Tue) 16:08:46

>クラウンレコード音源
ああ、だからオープニングとエンディングが別々のレコード・・
という現象になっていたのか! 2枚とも持ってるのに・・・
う〜ん、そこまでは考えなかったわ。勉強勉強。

「トリトン」はある高名(?)な方が孫のために(好きだった
らしい)版権などを手に入れて、TVでは放送できなくした・・
という噂もありましたが・・・ほんとなのかどうか。
でも当時(って、いつ?)はそう思われていました。


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:ピピ 投稿日:2002/11/14(Thu) 00:16:50

トリトンのビデオはかなり昔に買ってあって、それを見ると、エンディングに女性の方が歌っていて、「海の底の昼下がり、そっと耳を澄ませてごらん、虹色の珊瑚礁の向こうから聞こえてくるよ海の底のオーケストラ」って歌っていましたが、これとは関係ないんですよねぇ。


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/14(Thu) 10:15:55

ピピさん、それが問題の歌です(^_^)
海の底の・・
コレの曲名が「海のトリトン」です(^_^)


[2203へのレス] Re: 海のトリトン 投稿者:ピピ 投稿日:2002/11/14(Thu) 20:11:51

え!?、えーーーーー〜〜〜〜〜〜!
・・・・・・・・・・。
この歌「海のトリトン」って言うんですか?
私、この曲大好きで、よく歌っていたんですけど、ずっと「七つの海の音楽会」だと
ずうっと思い込んでいました(私が勝手に曲名付けていたんですね)。
どおりで、カラオケにないわけです。
・・・・・・・・・・。
いいえ、やっぱりこの曲は「七つの海の音楽会」です。
「海のトリトン」じゃ似合わないです・・・・・・・・・って言ったってだめですね。
だれか曲名変えてーーーーー。


[2202] ぼくらマガジン 投稿者:キャブテン・アメリカ 投稿日:2002/11/11(Mon) 14:02:26

 昔(1970年〜71年頃)、TVマガジンって雑誌があったの知ってます?
当時小学生だった私は、タイガーマスクが見たくて毎週買っていた
ものです。
 この雑誌についていろいろ語りませんか?
そう言えば、その中に「かんごく島」っていう復讐ものの漫画が載ってましたよね。誰か内容覚えてます?


[2202へのレス] Re: ぼくらマガジン 投稿者:uli 投稿日:2002/11/12(Tue) 04:30:43

タイガーマスクが連載されていたのなら、「TVマガジン」ではなくて、このスレッドのタイトルの「ぼくらマガジン」ではないでしょうか? 「TVマガジン(正確にはテレビマガジン)」は仮面ライダー・ブームとともに創刊された、特撮ヒーロー/アニメ中心の月刊誌でした。


[2202へのレス] かんごく島 投稿者:こさむ 投稿日:2002/11/12(Tue) 14:47:27

私が以前、他の掲示板に書き込んだものですが、
こちらはすでにご覧になられましたでしょうか?
http://www.bc.wakwak.com/~bonso/my-mangasi/otazune/kangoku.html
ネットで検索しても、今のところHITするのはここだけのようです(笑)


[2202へのレス] ぼくらマガジン 投稿者:bonso 投稿日:2002/11/13(Wed) 01:28:46

こんにちは。唯一ヒットするページの管理人です(笑)。
でも、私自身がどうしても「かんごく島」のことを思い出せないんですよオオォ〜!
\(;o;\)

http://www.bc.wakwak.com/~bonso/


[2202へのレス] Re: ぼくらマガジン 投稿者:まつべー 投稿日:2002/11/14(Thu) 16:11:37

HELLO!

 毎回終わりのページは、登場人物の一覧があり、死んだ人物が黒い縁取りされていた(最近では、金田一少年で使われていた手法)コマでしめていたヤツですね。

 作者等は今度家に帰ったときにでも調べてみましょう。

 僕は、坂口尚が書いた短編で「人形地獄」だったかな。
 留守番をする少年が極限状態(考えられる限りの)に陥っていくヤツがあって、それが是非もう一度見たいと思っているのですが。
 内容的にも、再販などは考えられないでしょうね。

チャオ!


[2202へのレス] Re: ぼくらマガジン 投稿者:まつべー 投稿日:2002/11/14(Thu) 16:18:55

HELLO!

 上のアドレスに、今行ってみました。
 作者等は判っていたんですね。
 失礼しました。

チャオ!


[2202へのレス] Re: ぼくらマガジン 投稿者:まつべー 投稿日:2002/11/14(Thu) 16:41:29

HELLO!

 坂口尚の短編も、上のアドレスで解決しました。
 一人つっこみで終わって、申し訳ない。
 しっつれいしましたー。

チャオ!


[2201] サインはV 投稿者:すすむ 投稿日:2002/11/11(Mon) 13:53:31

 先日は、いろいろメールありがとう。
そういえば、氾文雀さんが先日亡くなりました。(享年54)
なんかジュンの姿がオーバーラップしてしまいます。
 岡田可愛さんが涙ながらに会見してました。合掌・・


[2200] 菊容子さん永遠に 投稿者:マッドドック 投稿日:2002/11/11(Mon) 13:41:48

  菊容子さんの死因について知っていること。
 昭和50年4月29日、海外(場所不明)の某ホテルで
 当時恋人だった彼氏(名前は公表できない)に刃物で惨殺され  た。
 その原因は、
 ・その彼氏は菊さんと結婚したかったが、菊さんはまだ結婚の意  志はまだなかった。(本格的女優の道を選択したらしい)
 ・菊さんから別れ話を切り出したらしい。
 ・カッとなった彼氏は逆上した。
 これは、当時の新聞や週刊誌からの記事からなのでかなり信憑性 がある。
 ちなみにその彼氏は東映の特撮物によく出ていた殺陣師である。


[2199] Newtypeの付録DVD 投稿者:13 投稿日:2002/11/09(Sat) 15:57:56

今日発売のNewtype12月号の付録DVDは、『サイボーグ009』特集です。
付録DVDの内容は、先頃放送終了した平成アニメ版009の第4話「死闘の果てに」や、番組宣伝映像、スタッフ・声優インタビュー、プロモーション映像などです。
私はDVDプレイヤーを持っていませんので、見ることが出来ませんが・・・・

今月号の記事で見たのですが、かつて特撮ヒーロー番組として放送された『超人バロム・1』が、新作アニメ『バロムワン』としてアニメ化されるようです。
また、『サブマリン707』もOVA全2巻の予定で、SMEビジュアルワークスより、来年の春に発売の予定になっているようです。


[2199へのレス] Re: Newtypeの付録DVD 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/09(Sat) 23:51:53

>アニメ誌
今日、出ることをすっかり忘れてました。

>009特集
角川書店のアニメ誌だから、アニメムックや画集のPRも兼ねてる
かも〜(~_~;)。

>バロムワン
「ザ・ウルトラマン」みたいなもんか?(爆)原作通りのバロム
1のキャラだと、ちょっとスゴイかも〜。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2199へのレス] ♪ぶっとばすんだキュンキュキュン 投稿者:ザリガニ 投稿日:2002/11/11(Mon) 07:08:05

>バロムワン
わたくしも原作とおりの
「サリーちゃんのパパ髪型のおっさん」バロム
を期待しましたが、健太郎役高野浩幸さんのHP
http://www.aa.alles.or.jp/~act-takano/photo/anime01.html
を見ると、なんかJOJOに出てくるスタンドみたいなバロムですな。
クチビルゲやウデゲルゲみたいなのが出てくる
実写版のはじけっぷりは期待しないほうがよいかな?(・◆・)


[2199へのレス] 二人が一人バロロ〜ム♪ 投稿者:SIDO 投稿日:2002/11/11(Mon) 08:51:43

バロロ〜ムって何?
私も見ました。バロム1・・・ザリガニさんの仰るとおり・・・
スタンドみたいですね。もしくはライダー怪人か?
動いているのを見るまでは何とも言えませんが。
原作のバロム1が人間顔だったので、それを引っ張ったのか?
マッハロッドが変なスーパーカー(死語)みたいだったらやだな。

707はいいですね。原作の雰囲気に近くて。
ジュニアもあんな感じでしたし。
そういえば昔、今は無きイマイから模型が出ていましたね。
707の後部格納庫からちっちゃなジュニアが出てくるってやつ。
自動浮沈装置ってのを搭載していたんじゃなかったでしょうか?
ジュニア(大)はサンダバ2号の(大)と同じく、高くて買えなかった。

なんかそのへんの諸々を思い出してしまいました。
うう、、我慢できなかった・・・(笑)
危ない危ない。レスが近づきすぎたみたいだ(^_^;
因みに私も009見ました。


[2199へのレス] Re: Newtypeの付録DVD 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/11/11(Mon) 16:26:48

「バロム・1」って・・・なぜか・・どうしてだか見てました。
アニメになったら、ちょっと覗いてみようかな。
ちなみにあの塩屋翼くんも子役として出てたんですよ、1回だけ
だけど。今見てもきっとすぐわかると思う。お顔が全然変わって
ない!


[2199へのレス] バロム1の魔人 投稿者:ルビ 投稿日:2002/11/11(Mon) 23:17:08

フナ虫が何故、フランケルゲになるのか・・・未だに納得がいきませんね。(笑)


[2199へのレス] Re: Newtypeの付録DVD 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/12(Tue) 01:35:55

>子役時代の塩屋翼くん
昔の実写の「悪魔くん」にも出演。(兄弟で共演(^○^))
確か「ミラーマン」辺りでも出演してたような・・・。

>バロムワン・707のアニメ
しょうがないとは思うけど、今風な絵柄だなぁ。特に「バロム
ワン」は、中学生同士の変身みたいだしなぁ。女のコに
別の意味で受けそうで・・・(爆)。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2199へのレス] バロ〜ムクロスでキュ〜ンキュン! 投稿者:uli 投稿日:2002/11/12(Tue) 04:42:25

実写版「超人バロム1」のオープニング・テーマって、歌詞が“詞”と“擬音”が交互に来るように構成されているんですよね。だからそのまま読んだら意味がわからない部分も、“擬音”を外して読めばちゃんと意味が通じるようになっているんです。つまり
「マッハロッドでぶっ飛ばすんだ!」
「魔人ドルゲをやっつけるんだ!」
「バロムクロスで二人が一人」
となるわけです。


[2199へのレス] みんなで呼ぼう!バロム1♪ 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/12(Tue) 11:10:36

何の先入観もなく昔の『バロム1』と新しい物とどっちがヘンかと云えば、
間違いなく昔の『バロム1』ですが(爆)、
やっぱり我々の世代には違和感ありますね〜、スタンドみたいなバロム1は(^o^;

前にも書きましたが、『バロム1』には「ひまわり」に入っていた友人が出演していました。
個人的には、それも可笑しい(笑)

http://www.begets.co.jp/doda/


[2199へのレス] バロム1といえば 投稿者:シャンブロウ 投稿日:2002/11/15(Fri) 00:02:11

小林清志さんですね。上田みゆきさんは「ロボコン」だけでしたか。
塩屋翼さんは「スペクトルマン」で主人公の正体を知る役を演じていましたね。

http://members.goo.ne.jp./home/hekiru-star417


[2198] 追悼 投稿者:ムシムシ 投稿日:2002/11/09(Sat) 11:24:12

最近「宇宙家族ロビンソン」のドクター・スミスことジョナサン・ハリスさんが亡くなられたのを知って、ちょっと寂しい思いをしていたところ、5日には「サインはV」のジュン・サンダースこと范文雀さんも亡くなられた。
ドクター・スミスは寿命だが、ジュン・サンダースはまだ54歳と若い。
子供の頃人気者だった人々が亡くなられるのは、残念かつつらいものですね。
永遠に生きてそうな感じがしても、やはり人間です。もっともジュン・サンダースはドラマの中でも骨肉腫で死んでしまったが・・・。


[2198へのレス] Re: 追悼 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/09(Sat) 12:14:23

范文雀さんの訃報は吃驚しました。まだお若いのに・・・。
(以前リンパ癌も患っていたそうですね)
ジュン・サンダースの助命嘆願を思い出しました。

『サインはV』『アテンションプリーズ』『Gメン75』等、
我々の世代には馴染みの深い出演作が多いですが、
テレビでは『探偵物語』で村川透が撮った「復讐のメロディー」が僕は好きでした。
長谷川明男の最期に、何とも云えない寂寥感がありました。

ご冥福をお祈りします。

http://www.begets.co.jp/doda/


[2198へのレス] Re: 追悼 投稿者:セブン 投稿日:2002/11/10(Sun) 05:39:11

ムシムシさん、ニャンちゅうさん、こんにちは。

>『サインはV』『アテンションプリーズ』『Gメン75』等、
>我々の世代には馴染みの深い出演作が多いですが
本当ですね、どれも想い出深い作品ばかりです。
私もご冥福をお祈りします。


[2197] ありがとうございました。 投稿者:ばにらさん 投稿日:2002/11/07(Thu) 10:33:16

けんじさま、uliさま、ありがとうございました。同年代の人に聞いても誰も知ってる人さえいなかったので、本当に感謝です。これからも楽しみに読ませていただきます。ちなみに私は実写の方がより好きでした。トリプルファイターとか、アニメのターガンでさえ、私の周りの人は誰も知らないのですよ。
本当にありがとうございました。


[2197へのレス] Re: ありがとうございました。 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/09(Sat) 12:22:19

ココで毎日テレビまんが好きや特撮好きの方と話をしていると、
知っていることが当たり前のような錯覚に陥りますが(笑)、
実生活のフツーの仲間と飲んで話したりしていると、
「観てはいたけど憶えていない・・・」っていう人が大半です( ̄― ̄°)

http://www.begets.co.jp/doda/


[2197へのレス] Re: ありがとうございました。 投稿者:ぺぺ 投稿日:2002/11/15(Fri) 17:17:47

 70年代のドラマは最高です!
 今はビデオ化されてるからいろいろ見れるけれどまだまだ
 発掘してほしいドラマは多いよね。
 フィッシャーマン、アイアンキング、緊急指令10-4-10-10
 ロボット刑事等見たいんです〜!


[2196] モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/06(Wed) 23:39:55

11月28日から東映チャンネルで放送予定の、「サイボーグ
009(モノクロ)」ですが、無事全26話放送予定です!

それにしても、朝6時から8時までの放送とは。まぁ、
見られないんだけど(爆)。

でも、放送記念に、モノクロ「009」本を再版しようかなぁ。
(昨年末発行した本(^○^))。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:13 投稿日:2002/11/07(Thu) 12:29:47

「009」と「アパッチ野球軍」の第一話と第二話は、無料放送になりすので、東映チャンネル未加入の方もご覧になれます。
009ですが、朝の放送だけでなく、夕方4時から6時まで朝と同じエピソードを放送しますので、朝ご覧になれない方は、夕方にもご覧になれます。
無料放送になる時間帯は、11/28(木)の朝6時から7時までと、夕方4時から5時まで。12/5(木)の朝8時から朝9時までと、夜6時から夜7時までです。

「アパッチ野球軍」のほうは、11/13(水)スタートです。
朝6時から8時までと、夕方4時から6時までの放送があります。
こちらの無料放送の時間帯は、11/13(水)の朝6時から7時までと、夕方4時から5時まで。11/20(水)の朝8時から9時までと、夜6時から夜7時まで。


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/09(Sat) 12:15:51

>モノクロ「009」本

私は推しておきました=^-^=

http://www.begets.co.jp/doda/


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:ニゲム大戸木 投稿日:2002/11/09(Sat) 15:47:19

モノクロアニメのヒーローと言えば、僕の中ではやはり
サイボーグ009です。悲しい話が多かったけど、あの
ころのアニメって、機械文明へのアンチテーゼが結構
ありました。ただ、それに気付いたのは、かなり後。
高校生のころは、「ヤマト」が大好き人間でしたネ。
たぶんにストーリーに、政治的な要素があっても、
アニメだからと許してしまっている、日本と言う国。
これが現実?。・・・。今のアニメにはあまりそういう
要素がなくなっているようにも見えます。(良いことか、
は別にして)アニメ世代が今のアニメを作っているから
かな?。今のアニメも、よいところは多分いっぱいある
のでしょう。わたし自身も、アニメ世代だから・・・。


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/11/11(Mon) 16:36:02

「009」大好きでした!私の初恋の人は島村ジョーなのだ!

今の絵に比べると稚拙にみえるけど・・でもストーリがいい!
BGMもいい!BGMはその後「マジンガーZ」にも使われ、聞くのが
とても楽しみでした。
「太平洋の亡霊」や「悲劇の獣人」が見たいなあ。ビデオで持ってるのですが、ベータなので修理しないと見られない(ーー;)


[2196へのレス] 全然カンケーないのですが... 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/12(Tue) 11:09:22

朝倉 淳 さんって、女性でしたか!
それならそうと早く云ってくれれば(-^〇^-)
(手のひらを返したように扱いが変わります(爆))

http://www.begets.co.jp/doda/


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/11/12(Tue) 16:20:54

・・・男性が男性を好きになっても、良いのでは
ないでしょうか・・・

って、うそでーーす(^。^) 
あ、もう1度、手のひら返さないで!


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:THE FOOL 投稿日:2002/11/14(Thu) 16:37:07

「アパッチ野球軍」懐かしいね。
出てくる子供の名前が「ザイモク」だの「ハッパ」なんて物凄い名前
でしたね。やっぱりビデオ化は困難でしょうか?


[2196へのレス] Re: アパッチ野球軍 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/15(Fri) 15:25:02

12月22日に、DVD-BOXが発売になります(^o^)/

http://www.begets.co.jp/doda/


[2196へのレス] Re: モノクロ版「サイボーグ009」 投稿者:東北のマサ 投稿日:2002/11/15(Fri) 17:26:42

 な、なんと「アパッチ野球軍」がDVD?
 信じられないですうう!差別の問題から封印されたと思ってまし たから。


[2195] ありがとうございました 投稿者:けんじ 投稿日:2002/11/06(Wed) 21:54:22

ニャンちゅうさん、uliさん早速のお返事ありがとうございました。五郎のうたとは『ど根性でヤンス』のことです。 
これで、すっきりしました。
あのアニメと歌は何故か心に残っており、今でもなぜか口ずさんでしまいます。これで、全部歌えるので大変うれしいです。
本当にいい歌ですよね(^o^)


[2195へのレス] Re: ありがとうございました 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/09(Sat) 01:09:12

>ド根性ガエル
DVD−BOX出ますね。11月だったかな?
1月は「侍ジャイアンツ」。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2195へのレス] Re: ありがとうございました 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/09(Sat) 12:18:30

『ど根性ガエル』は、良い話が多いです。
まとめて観たい気もします。

『ど根性でヤンス』も、けんじさんの書き込みから、
このところずっとアタマの中で鳴ってます(笑) <でも励みになります(^o^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2195へのレス] Re: ありがとうございました 投稿者: 投稿日:2002/11/15(Fri) 17:32:32

 漫画「ど根性ガエル」で印象に残ってるエピソード。長嶋選手がなぜか急病で、南せんせいが長嶋に化けて巨人の試合に出場する話。誰か覚えてますか?


[2194] 教えて下さい。 投稿者:ばにらさん 投稿日:2002/11/06(Wed) 21:51:43

はじめまして。私は40年代生まれなのですが、多分45年前後に放映されていた、きぐるみの番組で、恐竜人間みたいなキャラクターが出てきて、入り口が機関車のようなタイムマシーンが出てくる番組を知ってる方がいらしたら、タイトルを教えて下さい。主人公の少年?はタマネギのような顔で、確か赤いシャツにサスペンダー月の青い半ズボンを履いていたような気がします。よろしくお願いします。


[2194へのレス] Re: 教えて下さい。 投稿者:けんじ 投稿日:2002/11/06(Wed) 22:06:19

それは『ちびらくん』ではないでしょうか?
耳の垂れた犬「ぽちぽち」や出っ歯の少年「がきんこ」や「がま親分」などの登場人物がいたように思います。
記憶が定かではないので、間違っていたらすみません。
とても懐かしいです。ちなみに私は「ちびらくん」のレコードを持っていました。(*^^*)


[2194へのレス] Re: 教えて下さい。 投稿者:uli 投稿日:2002/11/07(Thu) 02:48:47

けんじ様
「チビラくん」に出てくるのは「がま親分」ではありませんよ。雰囲気は似ていなくもないですが、あれは「ゴルバ」というキャラクターです。設定は「ガキンコ」の父親で、主人公の「チビラくん」の父親である科学者「パパゴン」のライバルという設定になっています。


[2194へのレス] Re: 教えて下さい。 投稿者:ゴワゴワパンツ 投稿日:2002/11/07(Thu) 10:34:33

確か、昭和45〜6年頃だったですね、マル窓が沢山ある大きな家に住むハッタル家のひとり息子『チビラくん』は。一方のガマ親分はロバくんとの共演で人形劇でしたね。
ゴルバ(声:熊倉一雄)の「ゴルバ・フォ〜ン・メジラバッハ・スタリ〜ンコチャン・アクラズ〜ルメ〜」が懐かしい!


[2194へのレス] Re: 教えて下さい。 投稿者:uli 投稿日:2002/11/08(Fri) 04:25:44

>ゴワゴワパンツ 様
「ゴルバ・フォ〜ン・メジラバッハ・スタリ〜ンコチャン・アクラズ〜ルメ〜」とは、劇中ゴルバが何かに変身する時にとなえていた呪文だったと記憶しているのですが、その呪文=ゴルバのフルネームのようで、某円谷プロ作品集のCDに収録されていた曲(タイトル忘れた!)によると、ガキンコのフルネームは「ゴルバ・フォ〜ン・メジラバッハ・スタリ〜ンコチャン・アクラズ〜ルメ〜 Jr. ガキンコ」というそうです!?

>けんじ 様
「ド根性ガエル」の五郎と「チビラくん」のガキンコって、同じ声優(高橋和枝)さんが担当してませんでしたっけ?


[2194へのレス] Re: 教えて下さい。 投稿者:ゴワゴワパンツ 投稿日:2002/11/08(Fri) 10:26:37

uli様、詳しいですね。でも、名前の時は『フォ〜ン』『リ〜ンコ』『ズ〜ルメ〜』等の長音は言い回しに合わせたので不要だと思いますよ。因みにチビラは、サスケと一緒の雷門ケン坊でしたね。逸話では、ガキンコの亡き母にブースカの着ぐるみが使われたのは有名(?)ですよね。ところで、そのガキンコのお母さんの名前、どなたか御存じですか? 


[2193] 教えてください 投稿者:たにゃ 投稿日:2002/11/06(Wed) 12:29:13

ごじごじさんという恐竜が出ていたアニメを教えて下さい。あくまでごじごじさんは、サブキャラだったのですが、すごく気になるので・・よろしくお願いします。


[2193へのレス] Re: 教えてください 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/06(Wed) 15:06:44

もしかして・・「ムカムカパラダイス」でしょうか?
古い作品じゃなくて、すごく新しい作品ですよね(設定は、とあるマッドサイエンティストの実験失敗から、町が古代か異次元かに吹き飛ばされるって事に。そこには恐竜人類のような生物がいて、なぜか日本語を話して・・)
一種のファンタジーですね。主人公は、ムカムカ・・としか喋れない「ムカムカ」というチビ恐竜と、その飼主の女の子。

最終回も見たのですが、あれって終わってるの?ファンタジーだから、終わらなくても良いのか(^_^)


[2193へのレス] 稲葉小僧さんへ 投稿者:たにゃ 投稿日:2002/11/11(Mon) 10:32:29

ありがとうございました。やっと謎?が解けました。感謝いたしまーす!!


[2192] 教えてください 投稿者:けんじ 投稿日:2002/11/05(Tue) 23:26:15

こんばんは。はじめまして。
実はお願いがありまして…
ど根性ガエルのエンディングの『五郎のうた』の歌詞が途中までしか思い出せません。ずっと気になっています。
ご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。


[2192へのレス] Re: 教えてください 投稿者:uli 投稿日:2002/11/06(Wed) 04:39:58

ひょっとして『五郎のうた』とは『ド根性でヤンス』のことでしょうか? (歌い出しが「♪男の意地を 見せるでヤンス」で始まる歌)。 それでしたらすぐにわかりますが・・・


[2192へのレス] けんじさん、いらっしゃいませ! 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/06(Wed) 11:52:19

初代の『ど根性ガエル』のEDは、
「ど根性でヤンス」「ど根性ガエル音頭」「ど根性ガエルマーチ」(いずれも石川進)です。
『新ど根性ガエル』は知りません。

♪男の意地を 見せるでヤンス
 カラスが鳴いて 夕やけこやけ
 男の道は ど根性でヤンス
 キビシイでヤンス
 ざまあカンカンカッパのヘーだ
 (あっしは古風なんでヤンスネェ〜)

いい歌ですね(^▽^)
(「ヤンス」なんて実際に云ってる人は見たことない(笑))

http://www.begets.co.jp/doda/


[2191] サンダーバード大全 投稿者:13 投稿日:2002/11/05(Tue) 12:24:20

双葉社から11/5に
「サンダーバード大全」(価格・税別1,800円)
という本が発売になっています。
また、サンダーバードと同時発売で、
「電人ザボーガー大全」(価格・税別1,800円)
も発売になっています。

電人サボーガーの単独本は珍しいですよね。
11月下旬には同じく双葉社から、
「帰ってきたウルトラマン大全」
が発売になります。
昨年の「怪奇大作戦大全」を踏襲した本になるそうで、私はこちらが楽しみです(^^)
TBとザボーガーをパスして、「帰ってきたウルトラマン」のほうを買おうかなと思っています(^^ゞ


[2191へのレス] Re: サンダーバード大全 投稿者:MightyMouse 投稿日:2002/11/06(Wed) 00:13:07

う〜ん、初代マンとセブンを何故飛ばす(笑)


[2191へのレス] Re: サンダーバード大全 投稿者:北山 投稿日:2002/11/15(Fri) 16:29:46

 昨年、「怪奇大作戦大全」を購入しました。
すごく中身が濃いですね。でも、「狂気人間」のエピソードが
全てカットされていた。それだけが不満である。


[2190] あら、えっさっさ 投稿者:ピピ 投稿日:2002/11/04(Mon) 18:52:12

お久どえーす。
最近どうも覗くことが減ってきて・・・、いつも久しぶりなんですが、最近気になって仕方がないのは「新宇宙戦艦ヤマト」です。
10月頃放送ってことになっていませんでした?
どうなっちゃったんでしょかね?


[2190へのレス] Re: あら、えっさっさ 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/04(Mon) 22:11:24

著作権争いで負けてしまいましたからね・・新作は出せないのではないでしょうか。


[2190へのレス] Re: 『新宇宙戦艦ヤマト』 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/05(Tue) 00:16:52

『新 宇宙戦艦ヤマト』の代わりに(代わりってわけでもないんだろうけど)、
(株)ベンチャーソフトという会社が、
『大銀河シリーズ 大ヤマト編 7vs7(仮題)』というテレビシリーズ(全52話を予定)を制作中だそうです。

放映局、放映日は未定です。

http://www.begets.co.jp/doda/


[2190へのレス] Re: あら、えっさっさ 投稿者:ピピ 投稿日:2002/11/05(Tue) 22:29:32

あっやっぱりそうですか、著作権問題ですか。
あれって解決した訳ではなかったんですね。
私まだ気になるんですが、何かその前に松本先生と西崎義展氏(西崎みどりちゃんのおじさんでしたよね)との間にごたごたがあった様に思っていました(インターネットで見つけたんですが、何だか要領を得なくて・・・)。
著作権問題以外に何かありませんでした?
ところで、ニャンちゅうさんすごい情報です。
松本ファンの私としてはバラサバラサです。


[2190へのレス] Re: あら、えっさっさ 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/05(Tue) 23:14:40

『宇宙戦艦ヤマト』をめぐる裁判と、
『新・宇宙戦艦ヤマト』中止から『大銀河シリーズ 大ヤマト編 7vs7(仮題)』への流れについては、
http://hp.vector.co.jp/authors/VA002394/yamato/great.htmlと、
http://member.nifty.ne.jp/NEWYAMATO/index.html
に、わかりやすく詳細が記されていました。

ついでに(株)ベンチャーソフトについても検索してみたら、
タンバリンマンさんもオキニの(爆)、日野日出志氏の権利も押さえているようでした^-^;
こういうロイヤリティーの先物買いみたいな商売は、どうなんですかね・・・(笑)
<私ゃあまり感心しない <まあいいケド^^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2190へのレス] Re: あら、えっさっさ 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/11/06(Wed) 11:21:38

こういう記事は読みたいような読みたくないような・・。
まあいいけど(笑)。


[2189] モモレンジャー 投稿者:シャンブロウ 投稿日:2002/11/04(Mon) 03:08:12

1日のミュージックステーションを観て感動!
ミキティ(藤本美貴)の衣装がラメ入りのゴレンジャースーツ
(三本線)。しかもミニスカート仕様。

うーモモレンジャーだと“あやや”と違うんか?!とツッコンだ

http://members.goo.ne.jp/home/hekiru-star


[2188] もう一度みたいあの番組 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/11/03(Sun) 23:16:17

NHKが来年の1月から12月まで、なつかしい番組を
オンエアするとのことで、↓下記のサイトでリクエストを受け付けています。
http://www2.nhk.or.jp/tv50/archives/index.html

私も早速、「天下御免」、「西部二人組」、「連続ドラマ 旅路」 などをリクエストしてきました。
一部の番組については、オープニング・テーマなどが
聴けるようになっています。


[2188へのレス] NHK人形劇 投稿者:YAS 投稿日:2002/11/03(Sun) 23:53:15

[2185]のレスにしようか迷ったのですが、NHKの別のページでは、
一部の人形劇(ひょうたん島、新八犬伝など)の動画が見ることができます。

↑のリンクの入口から入って「キャラクター大集合」を選んでみて下さい。

http://www.nhk.or.jp/digitalmuseum/


[2188へのレス] Re: もう一度みたいあの番組 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/03(Sun) 23:54:34

ラインナップ以外のリクエストは、
まず望みがないんでしょうね ......( ..)

http://www.begets.co.jp/doda/


[2188へのレス] Re: もう一度みたいあの番組 投稿者:シャンブロウ 投稿日:2002/11/04(Mon) 03:01:03

「ひょっこりひょうたん島」をモーニング娘。が唄うそうなので、
CD化してほしい。
あと森高千里の「明日があるさ」はいつになるやら

http://members.goo.ne.jp/home/hekiru-star


[2188へのレス] Re: もう一度みたいあの番組 投稿者:バットマン 投稿日:2002/11/11(Mon) 15:29:01

 森本レオが主演していた「黄色い涙」(1974年)が見たい!
レオは売れない漫画家の役で、イメージぴったり!
今、水沢アキとの論争に突入しているが、俺はレオの味方だぜ。


[2187] アニメ・ザ・ビートルズ 投稿者:おたずね人A 投稿日:2002/11/03(Sun) 22:14:55

このアニメご存知の方、何人いらっしゃるでしょうか?私がこのアニメを
知ったのは80年代前半の再放送でしたが、実はこのアニメいつ日本に入って
来たのか、リアルタイム時にはまだ生まれて無かった可能性もありますが
もし本放送をご覧になった方、そのころの事色々教えて頂ければ幸いです。


[2187へのレス] Re: アニメ・ザ・ビートルズ 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/03(Sun) 23:45:38

僕も最初に観たのは70年代後半から80年代前半にかけてのことだったと思います(TVKだったかな?)。
アニメの絵を配した缶ペンケースを高校時代に使っていました。

以前、ビートルズのとあるファン・サイトでも話題に出たことがありますが、
殆どの人がこの時期に観てたと云ってたんですよね。早朝だったり、夕方だったり。
で、昭和43年あたりに観たという方もいました。>洋ものアニメは、地域によって放映時期がまちまちなんですよね
本国では1965年9月に放映が始まっています。

ジョンが伊武雅刀、リンゴが高橋元太郎じゃなかったでしたっけ?
広川太一郎説もありますが、それは映画『4人はアイドル』の吹き替えだったような。。。
そっちはポールが井上真樹夫で、リンゴが富山敬・・・
『イエロー・サブマリン』とごっちゃになってるかな?^^;

『アニメ・ザ・ビートルズ』は、つい5,6年前にも、
テレ東で再放送していました。 >観ていなかったけどf^_^;

また大した答えになってなくてすみませんf^_^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2187へのレス] Re: アニメ・ザ・ビートルズ 投稿者:教えまSHOW 投稿日:2002/11/04(Mon) 14:17:24

お初です。アニメ・ビートルズに関する情報ですが、アニメ版のジョンの声は
伊武雅刀であってますが、リンゴは曽我部和恭、ポールが小幡研二
ジョージがデビュー当時の田中秀幸でした。イエサブに関しては後程
調査致します。いずれにせよ昭和45年前後、つまり70年前後に
入ってきたのはほぼ間違い無いでしょう。


[2187へのレス] Re: アニメ・ザ・ビートルズ 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/05(Tue) 00:19:02

教えまSHOWさん、はじめまして♪

すいません、あやふやな記憶でf^_^;
詳細がわかりましたら、ぜひお願いします。>《年表》にも加えたいもので

http://www.begets.co.jp/doda/


[2186] コミック1970 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/02(Sat) 16:48:09

《伝説マガジン》が消えたばかりですが^-^;
今度は徳間書店から《コミック1970(イチキュウナナゼロ)》という雑誌が創刊されました。

『アトムの最後』『大海賊ハーロック』『ホモホモ7』『銭ゲバ』『ダメおやじ』に、
辰巳ヨシヒロ、日野日出志、つげ義春の短編等、強力なラインナップです。

手塚の『アトムの最後』は「暗い」と云われていますが、衝撃的な佳作で、
読んだことのない方には、絶対のお薦めです。

日野日出志の『蔵六の奇病』は初めて読みましたが、さすがに( ̄∀ ̄;)です。

他にもひし美ゆり子の乳首等、あざといピンナップもありますが(笑)、
“昔を懐かしむ”というより、“面白い漫画が揃ってる”ということだけでも買いです。

次号は、『仮面ライダー』の第一話を、カラーも含め完全掲載だそうです。

http://www.begets.co.jp/doda/


[2186へのレス] Re: コミック1970 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/11/02(Sat) 20:09:52

昨日買って、さっそく読みました(アトムの最後、今読んでも暗い結末です・・)

でも、これは1971、1972・・と続いていくらしいので楽しみです(終わりが見えているのと言うのは、哀しくはあるけれど確実ですね(^_^))
今日は虫コミックスを5冊入手・・人脈は持つものだ(^_^)
稲葉小僧


[2186へのレス] Re: コミック1970 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/11/03(Sun) 00:55:26

日野日出志先生は大好きで(お気に入り漫画家の個人的ベスト5に入るくらい好きでした)学生時代からよく読んでいました。
「蔵六の奇病」は、当時からお気に入りの作品でした。
こういう雑誌が出る時って、未完だった作品に手をつけてくれると嬉しいです。(まあ、色々難しい問題もありましょうが)
例えば日野先生なら「太陽伝」。
これ、日野先生らしからぬ(?)作品で、続きの展開が楽しみだったのに・・・私の記憶では未完のまま・・・。
我が家の単行本は2巻でとぎれています。
(もしや、どこぞの雑誌で完結されたのだろうか)

また・・・つげ先生・・・というのが泣かせますねえ。
つげ先生の新作、もう何年読んでいないだろう・・・。
新作を出してほしいです。
旅のエッセイでもいい。


[2186へのレス] Re: 日野日出志 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/03(Sun) 23:43:47

日野日出志は気になって、必ず雑誌の掲載作は読んでいましたが、
単行本を買う気にはとてもなりませんでした。あまりに気持ち悪くて( ̄⊥ ̄lll)
その点、水木しげるを越えてますよね(爆)

《コミック1970》誌に、蔵六のフィギュアが載っていました(−−|||
どんな人が欲しがるんだろう・・・ >タンバリンマンさん?^^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2186へのレス] Re: コミック1970 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/11/05(Tue) 00:50:02

さあ・・・どんな人が欲しがるんでしょう↑(爆)


[2185] NHK人形劇DVD 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/01(Fri) 23:27:22

来年、「チロリン村」以降の人形劇DVDが出るみたいですね。
もちろん残ってる分だけでしょうが。「008」「新八犬伝」も
あるぞ〜〜。
それとは別に、劇場版「新八犬伝」も出るそうです>東宝
チャンピオンまつり版!!

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2185へのレス] Re: NHK人形劇DVD続報 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/01(Fri) 23:55:13

>NHK人形劇クロニクル
>発売 アミューズソフト

まだ、詳しい情報は「ひょうたん島」位ですが、下記にチラっと載っています。

http://www.mediapal.co.jp/books_data/ISBN4-89610-799-3.html

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2185へのレス] Re: NHK人形劇DVD 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/02(Sat) 00:01:40

『少年ドラマシリーズ』もアミューズでした(笑)
<NHKに宝の山を見たか!(^o^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2185へのレス] Re: 行くぞネコジャラ11本♪ 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/11/02(Sat) 23:34:48

>NHK人形劇クロニクル
何と!「ネコジャラ市の11人」は、フィルムもVTRも
全く現存してないそうです!!

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2184] 西部二人組 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/10/31(Thu) 23:05:31

なんとも懐かしい「西部二人組」のビデオを入手しました(#^.^#)

といっても、「英語」なので内容が全部理解できるわけではありませんが(^_^;

実はamazon.comで「中古」のビデオが出ていたのです。

この番組がNHKで放送されていたのは、もう三十年ほど前のことです。

今日ビデオが届いたので、今それを見ながら書き込みしています。
有難いことに、入手できたのは放送第一回目のお話でした。
すなわち、ヘイズとカーリーが金庫破りから足を洗おうと
知事の恩赦に応募する前後の模様を描いたものです。
リアルタイムで見ていたときには、この第一回だけは
見逃したので、嬉しい限りです(●^o^●)


[2184へのレス] Re: 西部二人組 投稿者:える 投稿日:2002/10/31(Thu) 23:32:36

あ、いいな〜♪
実は西部劇ファンなんだけど、これは途中からしか見てなかったんです。
途中でヘイズ役の俳優さん代わりましたよね?
前の人が好きだったんだけど、、、
その後、ベン・マーフィー(カーリー)のファンになりましたけど、出演作品少ないんですよねー(T^T)
あんまり見たことありません。

http://fish.miracle.ne.jp/hunter/kei-hp/index.html


[2184へのレス] Re: 西部二人組 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/10/31(Thu) 23:46:26

えるさん、こんばんは(●^o^●)

>途中でヘイズ役の俳優さん代わりましたよね?
>前の人が好きだったんだけど、、、

最初にハンニバル・ヘイズを演じていたのは、ピート・デュエルです。
私も彼のファンでした。
彼は、確か三十話前後まで出演していましたが、
大変残念なことに、彼は拳銃で自殺してしまったのです(;_;)
その後五話くらいは代役の俳優(名前どわすれしました、すみません)がヘイズ役をつとめました。


[2184へのレス] Re: 西部二人組 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/11/03(Sun) 00:47:29

今、このビデオのパッケージをスキャナで取り込んで、

キャラリーの方に投稿してきました(#^.^#)


[2184へのレス] Re:西部二人組 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/11/03(Sun) 23:41:45

西部二人組については、↓こんなサイトがあります(ただし英語です)
http://www.personalephemera.com/alias/

西部二人組の毎回のタイトルや、出演者などもあります。
主演のピート・デュエル ベン・マーフィー
そしてピートの後を継いでヘイズを演じたロジャー・デイビスの
略歴もありました。ベン・マーフィーは1995年まで出演作品が書かれていますが、
日本ではお目にかかったことがないような気がします。
ピート・デュエルが自殺したのが31才ということですから、
役者としてはまだまだ若いですよね。本当に残念です(;_;)


[2184へのレス] Re: 西部二人組 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/11/04(Mon) 00:19:12

もうひとつ西部二人組関連サイトを紹介しましょう。
http://www.asjcollection.com/

ここはファン必見です。英語のサイトのくせに、
日本語の雑誌「テレビジョンエイジ」の「西部二人組特集」を
スキャンしたものまで有るではないですか!


[2183] スペクトルマンB 投稿者:ゴリ 投稿日:2002/10/31(Thu) 16:53:37

 何度もしつこくてすいません。
蒲生は、スペクトルマンに変身するときはいちいちネジュラ星の
上司に伺いをたてなければならない。
だから当然自分の気持とはうらはらな場合もある訳です。
 なんかサラリーマンの悲哀さを感じます。


[2183へのレス] Re: スペクトルマンB 投稿者:ミツルギ 投稿日:2002/11/01(Fri) 05:54:36

逆に「変身セヨ」の指示を
拒否する場面もありましたね。
(「公害人間」のエピソードのとき)
あと、「アルジャーノンに花束を」に似た
設定のエピソードがありませんでしたか?
(「天才怪獣ノーマン」のエピソード)

http://www.mitu.sytes.net/~comic/


[2182] スペクトルマンA 投稿者:ゴリ 投稿日:2002/10/31(Thu) 16:42:45

 スペクトルマンって公害問題を扱っている。当時は街が公害で
汚れきっていたんだろう。(71年当時は、ゴジラVSヘドラってのもあった。)
 だから出てくる怪獣もヘドロン(原色豊かなネオへドロンってのもいる)、ゴキノザウルス、ダストマン、ネズバードン等公害色
が強い。(僕はモグネチュ−ドンが好き。)
 ちなみに私も公害関係の仕事をしているが、これも何かの縁か。
 それから途中から3回もタイトルが変更になったのは本編ぐらいだろうか。



[2181] スペクトルマン 投稿者:ゴリ 投稿日:2002/10/31(Thu) 16:32:25

 「スペクトルマン」のLDBOXを安価で手に入れた。
(そう言えば、DVDが出たんだよね。)
善良な一市民がゴリによってダストマンにされる回などは涙なくして見られないよ。
 ダストマンがスペクトルマンにこう言うんだ。
「俺は人間の時は、あんたのファンだったよ。でも俺は今人間じゃないんだ。だから早く俺を殺してくれ!なあ、頼む・・」
 悩むスペクトルまん。泣かせるじゃないか。


[2180] サインはV 投稿者:すすむ 投稿日:2002/10/31(Thu) 16:22:01

 サインはVの劇場版(1970)をビデオで見た。
「稲妻レシーブ」を打つとき腕をぐるぐる回すのが可笑しかった。
 あと、「魔のX攻撃」という秘密兵器があるのだが、2人がネット
上5mはジャンプしていた。
 地上から測れば、10m近くジャンプしているのではないだろうか。


[2180へのレス] Re: サインはV 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/10/31(Thu) 22:27:11

>すすむさん
>稲妻レシーブ じゃなくて、
>稲妻落とし 
じゃなかったかな?どっちにしてもレシーブじゃなくて、サーブ
でした>よくマネして遊んでいた私(爆)

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2180へのレス] Re: サインはV 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/10/31(Thu) 22:28:56

そいえば、ポニーキャニオンあたりから、DVD出ているんです
ね>サインはV!

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2180へのレス] Re: サインはV 投稿者:護姫 投稿日:2002/11/01(Fri) 18:07:52

こんにちは♪
うわー・・・私もやりました(笑)>稲妻落とし
あと、ネット上をころころ転がって、ポトンと落ちる技もありませんでした?
DVDって、TVシリーズ45話全部収録されるようで、楽しみです。
情報ありがとうございます>HAYAKOさん

>すすむさん
劇場版は、私は見たことないんです。
ビデオででてるんですね?探してみます。


[2180へのレス] Re: サインはV 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/01(Fri) 23:59:22

『サインはV』は観てたけど、詳細はあんまり憶えてないんです。
で、一昨年くらい前にBSで劇場版を放映した時、録画して観たんだけど、
あれは端折り過ぎなんですかね〜?
稲妻落としにしろX攻撃にしろ、理論的なものが何も無かった(笑)
あんなんだったでしたっけ? 『サインはV』って^^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2180へのレス] Re: サインはV 投稿者:SAMMY 投稿日:2002/11/03(Sun) 02:11:45

稲妻落としは、中学校の体育でバレーの時間に
みんな真似してましたね(#^.^#)
X攻撃以外にも、いくつか技がありましたね。

相手のブロックに対抗するために
もの凄い回転をつけてスパイクすると、ボールは
真横に跳ね返り、相手コートに落ちます。
これは確かジュン・サンダースの友人のピッチャーの
投げる球からヒントを得て完成しました。

もう一つは、三光石油(出光のモジリか?)の
マシンガンアタックに対抗する技で、
相手のアタックを後ろ向きになってレシーブする、
レシーブしたボールを後衛にトスし、後衛は
変化球サーブの要領でそのボールを相手に打ち返す。
これも技の名前を忘れてしまいました(^_^;


[2179] 昭和30年代生れの方に質問 投稿者:おたずね人A 投稿日:2002/10/31(Thu) 13:17:38

はじめまして。私は70年代生れなんですが、昭和30年代に生まれた方で
海外アニメ(カートゥーン)に詳しい方、外国のまんがアニメに詳しい方も
来られると思うのですが・・・。
このアニメご存知無いでしょうか?
http://w1.660.telia.com/~u66002771/lilnoir.jpg

絵は『タンタン』なんですが、実はこのアニメ一部情報ですと、60年代に
日本に入って来てたらしいのですが、見たって方おられましたらココに
書き込んで頂けると幸いです。当時の声優の事や、その他昔の『タンタン』の
長編アニメ等の情報ありましたら何でも結構ですので、ご一報お願いします。


[2179へのレス] Re: 『タンタン』 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/10/31(Thu) 15:58:50

あいにく僕は『タンタン』のアニメを昔放映していたかどうかの定かな記憶はないのですが、
『タンタン』というと、日本のイラストレーターへの多大な影響と、
もっと遡って初期の手塚作品にその影響が見られるような気がしてなりません。
『タンタンの冒険旅行』シリーズを大人になってからちゃんと読んだ時、
手塚治虫の『新宝島』等のケン一が活躍する漫画の匂いが嗅ぎ取れました。
そのあたりについて、手塚先生ご本人が言及されている記述とかあるのでしょうか?
レスがずれちゃってごめんなサイですf^_^;

http://www.begets.co.jp/doda/


[2179へのレス] 昔の放送時の資料見つかりました。 投稿者:おたずね人A 投稿日:2002/10/31(Thu) 17:12:23

転写
1964(1965) 5分番組 東海TV 平日18:05
チンチンの冒険 The Adventures of Tin Tin アニメ。
http://www2.starcat.ne.jp/~retrokan/TVW64.htm

【1953-1988 外国テレビ番組リスト】
Adventures of Tin Tin, The チンチンの冒険 (car. -64)
http://homepage2.nifty.com/h-kaneko/reference/tvdic.htm

すみません盲点でしたね。昔は”チンチンの冒険”って題で放映されたんですね・・。

しかしこのアニメ、リアルタイムでご覧になった方ってどれ位いるのでしょう?

当時この時代で活躍された声優で浮かぶ人は・・絵から判断してリストアップします。

小宮山清
市川治
森功至
石川進

あと古い声優はわかりません・・・。


[2179へのレス] ヨーロッパ系のアニメ 投稿者:アップレ 投稿日:2002/11/01(Fri) 19:00:25

始めまして。同じヨーロッパ系のアニメで「アラジンと魔法のランプ」って
ありましたよね?フランス語圏の長編アニメですが、タンタンは、昔地上波でも
放映されてたみたいですよ。リストアップされた中に入ってるかどうかも不明ですね。

タイトルは「タンタンと名犬シローの大冒険・危機一髪海賊軍団ぜん滅」で。
しかし声優は不明ですね。 ビデオで10年以上前に出た分ですとタンタンは
三ツ矢雄二さんでしたね。「太陽の神殿」と「湖底のひみつ基地」は。
9月にカートゥーンネットワークでその映画が放映されましたが、タイトルが
「7つの水晶球と太陽の神殿」「呪われた湖の謎」に変わってました。
で、タンタンの声が三ツ矢雄二さんからTV版の草尾毅さんに変わってました。

あまりお役に立つ情報じゃ無いみたいですね・・。


[2179へのレス] タンタンと手塚治虫手塚治虫 投稿者:さるぼぼ 投稿日:2002/11/02(Sat) 12:50:52

初めまして。
タンタンと手塚治虫について、江口寿史も「江口寿史の世界2」の中で「両者とも非常に真似しにくい絵柄」と語り、「リアルを通過してシンプルに行き着いた達人の絵で、ずっとタンタンばりの絵を描きたいと憧れていた」と述べ、手塚に対しても同じことを別の機会に言っています。
ニャンちゅう様ご指摘の通り、手塚治虫も大きな影響を受けていると私も推測します。


[2179へのレス] Re: 『タンタン』 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/11/02(Sat) 16:47:16

アップレさん、はじめまして♪
有用な情報、ありがとうございます。
ちょっと調べてみたら、9月のそのカートゥン・ネットワークでは、
『タンタン』の特集をやってたみたいですね。オールド・タンタンも放映したようで。>観たかったな
当時の邦題は無茶なのも多いので、検索するのもひと苦労ですね(笑)

さるぼぼさん、よーこそ♪
そうですか!
やっぱり似てますよね、初期のまるっこい鼻なんて特に。
あとポーズなんかも。
しかし、あの時代に『タンタン』は日本に入って来ていたのですかね?
まあ手塚先生はブルジョワジーな少年時代を送っていたみたいなので、
希少な本を目にしていた可能性もあるでしょうし。

これからもよろしくです♪

http://www.begets.co.jp/doda/


[2179へのレス] 皆さんレスありがとうございます。 投稿者:おたずね人A 投稿日:2002/11/02(Sat) 23:51:34

手塚治虫さんは、確かにエルジェを意識してたかもしれませんね。

タンタンのアニメに関する資料って古本とか探したのですが、皆無でした。
ただ、その昭和39年に入ったという『チンチンの冒険』は当時の新聞に
載ってました。で、驚いた事に白石冬美さんになってました。でもそれが
タンタンなのか幻の喋るスノーウィ?だったのかは現物見ない限りわかりません。

調べれば調べる程、わからないのがタンタンのアニメの世界ですね。
画像資料もあまり無いんですよ。今NHK衛星でやってるのが90年代にカナダ=仏で
合作されたリメイク版である事と、カートゥーン・ネットワークで放映
された、本国ベルギーのベルヴィジョン版があるって事ですね。


[2178] 手塚シンドローム 投稿者:ルビ 投稿日:2002/10/29(Tue) 23:04:11

今日、「手塚治虫の奇妙な資料」という本を買ってきました。
庶民はこんなものしか買えませんけど、これでもけっこう楽しめます。「人間ども集まれ!完全版」と重複する内容もありますが、なにせ大判なので、うれしいです。第2弾も出ないかな〜♪


[2178へのレス] Re: 手塚シンドローム 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/10/30(Wed) 15:24:31

ビートルズの『アンソロジー』のように、
作品のテイク違いからは、作品の目に見える部分だけでなく、
アーティストの考え方みたいなものも感じられるような気がして、
僕は割とこうした解析は好きです。
何度も数知れず接した大好きなアーティストの作品でないと、見えるものも見えてきませんが(笑)

http://www.begets.co.jp/doda/


[2177] 「バガボンド」 投稿者:明子 投稿日:2002/10/27(Sun) 22:35:25

昨日今日の連休、私は、単行本「バガボンド」買い込み読ませていただきました。
今までの漫画にはない緊張感、1枚1枚が絵画のようなすばらしい絵、
今一番売れている単行本だということ、それにいろんな賞をもらっていること等、納得いたしました。
ああ〜っ、バガボンド、すっすっぱらしい〜いっ。

http://www.h2.dion.ne.jp/~m1950/


[2177へのレス] Re: 「バガボンド」 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/10/28(Mon) 22:54:27

仕事で頻繁に寄らせていただいている会社の玄関脇のギャラリーに、
吉川英治氏の肉筆原稿が飾られていました。
氏が17歳の頃、そこに勤務されていたそうで、
ちょっと感慨深いものがありました。<職は幾つも転々としていたそうですが

http://www.begets.co.jp/doda/


[2177へのレス] Re: 「バガボンド」 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/10/29(Tue) 16:49:26

天才バガボンド(シャレではなくて、本当に、そういう題名の「武蔵研究本」があるんです)・・

けっこう今までの武蔵像とは違う視点で見ているので、漫画でしか武蔵を知らない人にはお勧めかも。

しかし、宮本武蔵というのは、小説でも漫画でも、作者ごとに性格が変わるのですねぇ・・それほど難しいと言う事かな?


[2177へのレス] Re: 「バガボンド」 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/10/30(Wed) 12:36:13

実は去年、吉川英治の「神州天馬峡」「宮本武蔵」を全巻読みました。「武蔵」を読み返すのは二十年ぶりくらいでした。
「神州〜〜」は去年ここの掲示板で、そのテレビ版の主題歌が話題になったことがあり、どうしても読みたくなったから読んだのでした。

昔「宮本武蔵」を読んだ時は、萬屋錦之助の武蔵のイメージで頭の中で映像が展開したもんですが、去年読んだ時は
バガボンドの武蔵のイメージで物語が展開しました。(笑)

ちなみに隆慶一郎の「一夢庵風流記」を読んだ時は、すっかり「花の慶次」の前田慶次キャラが頭の中で暴れまわっていました(笑)。


[2177へのレス] Re: 「バガボンド」 投稿者:bonso 投稿日:2002/10/30(Wed) 23:36:17

吉川英治の「宮本武蔵」は十代の終わりに繰返し読みました。
「空手バカ一代」で「武蔵」全巻を持って山篭りするマス・オーヤマに
影響されて。(~o~;

萬屋錦之助武蔵は第1部「地の章」(でしたよね? たしか)で、
ラストで沢庵和尚に大木に吊るされてお仕置きされる17歳の萬屋武蔵が
異様に老けていて、思わず笑みがこぼれました(笑)。

http://www.bc.wakwak.com/~bonso/


[2177へのレス] Re: 「バガボンド」 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/10/31(Thu) 01:17:19

最近、萬屋が竜馬役を演じた「竜馬がゆく」を観たんですが、その中での萬屋竜馬は最初から老けていました。(笑)
どうも「なぜ武蔵が竜馬のふりしてるんだ?だいたい、竜馬はもっとやせていたはずだ!また、この竜馬は老けすぎだ!」
結局、凄みはあったけど、最後まで竜馬に見えなかった・・・。
まあ、萬屋が竜馬を演じたかったからの企画だったんでしょう・・・と自分を納得させて観てました。(笑)


[2177へのレス] Re: 「バガボンド」 投稿者:jun-g 投稿日:2002/10/31(Thu) 11:20:03

丹波殿、お久しぶりです。
“一夢庵風流記”で思い出したんですが、
以前、どこかのチャットで石原裕次郎の“城取り”という
映画の事をお話しましたよね、憶えてますか?
登場人物が、どこか前田慶次郎を彷佛とさせるとか
言った覚えがあるんですが、それもそのはずでした。
実は彷佛どころか、前田慶次郎の話だったんですよね。
原作は司馬遼太郎の“城を取る話”なんですが、
この映画の脚本を書いたのが隆慶一郎さんだったんです。
ハードカバーの“一夢庵風流記”のあとがきに
その辺のエピソードが詳しく書かれてますので、
ご参照になられては?
ちなみに主人公の名前は残念ながら前田慶次郎ではなく、
車藤三になっていたと思います。

来年の大河は宮本武蔵…宣伝スポットをちらっと観ましたが、なんか今までの武蔵ものと変わらないような感じ。
落ちている視聴率を回復したいのであれば
やっぱり“バガボンド”を原作(あ、あれって原作は吉川英治になるのかな?)にするべきですよね〜。


[2177へのレス] 「バガボンド」&「前田慶次(郎)」 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/10/31(Thu) 14:14:14

繰り返しレスですみません。
(好きな話題なので、つい・・)

G殿、何となく覚えています。
そうだったのですか、前田慶次が何気に描かれていたのですか。
そうとわかれば、私のような慶次ファンにとっては、ぜひ観てみたい映画ですね。
レンタル屋さんでもあたってみます!ありがとうございます。
慶次の甲冑の実物も見たいので、いつか米沢には行かなくては(笑)。
ちなみに私が読んだ「一夢庵〜」は文庫本でした。そこにも載ってるかなあ・・・。

最近の大河観てると、バガボンドの大河もいいけど、「一夢庵風流記」が原作の大河ドラマが観たくてしかたありません。
前田慶次郎が主役の大河ドラマ、実現は難しそうですが、面白そうです。
なにせ型破りな主人公キャラクターだけに、人気もでそうな気もするのですが(笑)。特に若い人からは。


[2176] モノクロのおそ松くん 投稿者:KY子 投稿日:2002/10/26(Sat) 14:51:24

「おそ松くん」が今年の2月からビデオ化されてます
今月は4巻です、この前そのビデオを買って観ました
私は主人公のおそ松くんが大好きです
リメイク版ではあまり主役ではありませんでした
全然出番が無いこともありました
リメイク版の方も好きですけど、モノクロのほうが好きです


[2176へのレス] Re: モノクロのおそ松くん 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/10/29(Tue) 16:41:49

6人揃えば 何でもやるぜ! のほうですよね。
私も、カラー化された「おそ松くん」よりモノクロ版のほうが好きです(確かにアニメ技術は拙いけれど、カラー版より面白いんですよ)

CSでもモノクロ作品を再放送してくれるチャンネルが多いし、モノクロ作品が再評価されるのは良いことですね。


[2176へのレス] Re: モノクロのおそ松くん 投稿者:ミツルギ 投稿日:2002/10/31(Thu) 02:49:46

チビ太の頭に毛が1本、
ちいさなおててにおでんが2本、
イヤミがシェーすりゃ歯が3本、
ダヨーンの大食いハシ4本、
デカパンのパンツからネコ5匹・・・
うう・・・なんで覚えてるんだろう?

http://www.mitu.sytes.net/~comic/


[2175] 月例チャットのお報らせ 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/10/26(Sat) 00:02:34

定例のチャットは明晩です♪(ん? もう今晩か !? ^^;)
初めての方も、お気軽にご参加くださいね〜。

26日(土) 23:00〜
《ファンクラブ通信・チャット篇》にて

http://www.begets.co.jp/doda/


[2174] 子供が見ているアニメで 投稿者:リック・オーシェ 投稿日:2002/10/25(Fri) 00:25:00

渦巻きなるとという子が主人公の忍者のお話で
今日、教官の先生が子供相手に真剣に戦っていて
傍観しているなるとの仲間が『あの印は・・・』
どんな凄い忍術かとおもいきや、『七年ゴロシ!』だった。

今の小学生に解かるのかいなと思いつつ
一緒に見てしまう(こっそりと)オヤジでした。

臨、兵、闘、者、皆、陣、列、在、前!

http://www7.ocn.ne.jp/~ricoche1/index.html


[2174へのレス] Re: 子供が見ているアニメで 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/10/25(Fri) 16:22:12

「臨、兵ー」でキャプターを思い出したのは私だけ?


[2174へのレス] Re: 子供が見ているアニメで 投稿者:ぽむ 投稿日:2002/10/25(Fri) 21:56:32

コミック版、忍者キャプター 原作 聖悠紀 火忍の闘いのシーンで九字を切るシーンは印象的でしたね 掲載雑誌はテレビマガジンでしたか・・・


[2174へのレス] Re: 子供が見ているアニメで 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/10/30(Wed) 21:45:42

トイレット博士も同じ少年ジャンプ連載漫画ですから、良いんじゃないですかね(^_^)
あの漫画も、もはや古典と言うことですか・・


[2173] ところで、誰も話題にしていないけれど「幻魔大戦 神話前夜の章」 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/10/24(Thu) 02:15:38

やってるTV局が、こちらでは岐阜テレビだけなので、誰も見てないのかなぁ・・(水曜日の深夜って時間帯ですから、ほとんど見てないかも・・)

漫画版を忠実に・・というわけでもありませんが、少なくとも新・009ほどにはキャラは忠実に描かれています(ストーリーも、さほど原作離れしていません)

けっこう見ごたえありますよ、これ(もう4話目くらいかな)


[2173へのレス] Re: ところで、誰も話題にしていないけれど「幻魔大戦 神話前夜の章」 投稿者:HAYAKO 投稿日:2002/10/24(Thu) 07:31:23

見られませんが・・・脚本が、上原正三さんなので、お話は
安心して見られるのでは・・・?
原作は未完で終わってますが、アニメは完結するそうですし。

それにしても、放送がCSかローカルのみじゃ、見るには
レンタルしかないですねぇ。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/2958/


[2173へのレス] Re: ところで、誰も話題にしていないけれど「幻魔大戦 神話前夜の章」 投稿者:稲葉小僧 投稿日:2002/10/24(Thu) 07:44:05

うわ!やっぱり地方の数局だけなんだ、放送しているのって・・

こりゃ、話題にならないわけだなぁ、作品自体は丁寧に作られていて見ごたえあると言うのに・・


[2173へのレス] Re: ところで、誰も話題にしていないけれど「幻魔大戦 神話前夜の章」 投稿者:MightyMouse 投稿日:2002/10/24(Thu) 13:49:29

こちら、大阪でもダメなんですよ〜〜。
最初の書き込み見た時に確認したんですけど・・・。残念!


[2173へのレス] Re: ところで、誰も話題にしていないけれど「幻魔大戦 神話前夜の章」 投稿者:朝倉 淳 投稿日:2002/10/25(Fri) 16:20:29

うわ〜〜、見たい見たい! 漫画は2巻でストップしたまま
だし・・(もうどうしょうもないけど)
大阪はダメなんですね、がっかり・・。
でも岐阜で終わればこっちのも来てくれるかも!


[2172] 戦後野球漫画史 手塚治虫のいない風景 投稿者:13 投稿日:2002/10/23(Wed) 14:11:57

平凡社新書から、
「戦後野球漫画史 手塚治虫のいない風景」
という漫画評論本が発売になっています。

『巨人の星』や梶原一騎作品は勿論、『バット君』を出発点として、『背番号0』、『ちかいの魔球』、『アストロ球団』、水島新司作品、『キャプテン』、『タッチ』や野球ギャグ漫画など、手塚治虫氏が手掛けなかったジャンルを少年誌・少女誌・青年誌までを目配りして書かれている野球漫画評論です。
著者は、米沢嘉博氏。お値段は税別の740円です。


今日からWOWOWで、四夜連続で『巨人の星特別編 猛虎花形満』がスタートしますね。
それに関連して、こちらの地方新聞の記事に、花形の声を担当した井上真樹夫さんの談話が掲載されていたのですが、
「昔見ていた人の慰みもので終わらずに、今の若い人に何かが伝わればいい」
と語っていました。
また、番組宣伝で9月に甲子園球場で、宣伝スタッフがチラシを配っていたそうです。
ストーリーをどういうふうに再編集しているのかが楽しみです(^^)


[2172へのレス] Re: 戦後野球漫画史 手塚治虫のいない風景 投稿者:タンバリンマン 投稿日:2002/10/24(Thu) 00:44:10

見たいですねえ・・・。
なんとか地上波でも放送してくれませんかねえ・・。

それにしても、最近こういう編集ものって、ひとつのジャンルになりつつあるのかもしれません。
コミックでも、例えば横山先生の様々な日本史戦国ものの中から前田利家のエピソードを抜粋し一つにまとめた、編集版「前田利家」ものが出ていますし・・。
まあ、大河ドラマにひっかけたのでしょうが・・。


[2172へのレス] 巨人の星特別篇・見ました 投稿者:まろ 投稿日:2002/10/24(Thu) 10:28:44

いよいよ始まりましたね〜
久々の井上真樹夫さんの花形の声には、感動しました。
昔(30数年前)と同じとはいえないまでも、
さすがというか、鳥肌たちました。
花形にこだわったつくりになっていて、
オープニングは「行け行け飛雄馬」のイントロに
花形の野球をするシーンがかぶせてあります。
ミツルハナガタ2000のCMも前半/後半の間に流れます。
構成も、もちろん徹底して花形中心。
飛雄馬との対決や明子とのシーンをからめて展開していきます。
新作カットの顔は・・・あまり似ていなかったかも。
でも、花形ファンとしては見ごたえありました。
スタッフの皆様に、感謝♪


[2172へのレス] 巨人の星・花形篇 投稿者:こさむ 投稿日:2002/10/24(Thu) 20:17:56

私も観ました。
新しく作り足したシーンはやはり若干違和感あったものの、
なんとか当時の絵柄に合わせようという努力が窺えましたね(笑)

エンディングのオーロラ三人娘の唄う「クールな恋」は必聴…かな?
♪アイラビュ アイラビュ フォレバモ〜


[2172へのレス] 巨人の星特別編 投稿者:13 投稿日:2002/10/24(Thu) 23:42:17

私、『アタックNo.1』のほうはかなり見ていたのですが、『巨人の星』はあまり見ていなくて、おおまかなストーリーしか知らないのですが、花形にあんなにサイドストーリーがあったのかと、意外でした。(熱心なファンの皆さん、すみません)

例えが古くなりますが、かつて『宮本武蔵』に対するアナザーアンサーとして、小説や映画・ドラマで佐々木小次郎をメインにした作品が発表された時期がありました。
今回の花形編もそれに似ているなと、私は思いました。


[2172へのレス] Re: 戦後野球漫画史 手塚治虫のいない風景 投稿者:ピンクレディ 投稿日:2002/10/25(Fri) 19:17:51

今日は仕事中、オーロラ三人娘の歌が、ずっとまわってました・・・
今日も見るぞ!っと


[2172へのレス] Re: 巨人の星・花形篇 投稿者:ニャンちゅう 投稿日:2002/10/26(Sat) 00:01:47

『巨人の星』は、特別ですよね。
ライバル花形、左門、オズマ、そして女房役の伴も含め、
それぞれの人生や性格がきちんと描かれていたからこそ、成し得た今回の好企画だと思います。

同じ梶原作品でも、『タイガーマスク』を別の角度から見ることはできないし、
『あしたのジョー』でも、例えば力石を主役に据えた話が組めるかと云えば、
原作から拾い出すことは不可能です。

そこに『巨人の星』の骨格の太さが窺えますね。

http://www.begets.co.jp/doda/


[2172へのレス] 一徹の気持ちを誰ぞ知る? 投稿者:OBATA39 投稿日:2002/10/26(Sat) 01:13:38

なぜ父ちゃんはちゃぶ台をひっくりかえさなければならなかったのか?
なぜ、息子の腕が駄目になるまで戦わなければならなかったのか?
高校生の息子を持つ身となった今、(しかも息子は私と同じ絵の道に進みたいという)父ちゃんの視点であの巨人の星を振り返ってみたい気もします。
あの二人は一歩間違えれば共倒れになるすれすれのところで、お互いの成長を促しあう存在だったのですよね。

http://dreamcity.gaiax.com/home/obata39


[2172へのレス] Re: 戦後野球漫画史 手塚治虫のいない風景 投稿者:ニゲム大戸木 投稿日:2002/10/29(Tue) 14:18:30

知ってることを2、3・・・・あの井上真樹夫さんはアフレコの
最中、ライバル関係の緊張感をだすため、星の役の当時まだ
中学だった古谷徹とほtんど言葉をかわさなかったとの事。
その最終回で、初めて「ぼくはあえて、役作りの関係で君と
言葉をかわさなかった。だから、ぼくを誤解しないでくれ。
これからも、よろしく」って言ったのですと。当のご本人
古谷さんのほうは、アニメの世界ってこのようなものだ、
と思っていたので、なんも問題にしておらず、かえって
感激したそうな・・・・・・・。
手塚先生 には、このような一種泥臭いまんがって一作も
やらなかった」理由わかるような気がします。運命論的な
コミックが得意だったて手塚さん・・・。もし、」野球
SFでも描いていたなら、もう万能作家だーーーー。


 

PREV


昭和30年代生まれのためのテレビまんが大全集