テレまん噺
 

 巨大ロボット・ゴーレムは、実は一体では無かった・・・
 今回はテレビまんがじゃありませんけど、よくテレビ放送もしてたから いいでしょ(^。^)?

その7 波瀾万丈の佳作「空飛ぶゆうれい船」幻のエピソード

 今回は、「東映まんがまつり」にて昭和44年夏に公開された、石森章太郎先生原作の「空飛ぶゆうれい船」について語ります。しかし、 今回は「解説」「感想」ではなくて、幻のエピソードをご紹介しましょう。が、その前に・・・。

 この作品の評価は、近頃ではどうしても「宮崎駿さんがゴーレムの破壊シーンを担当した」という事ばかりに集中しがちです。でも、実際には冒険 活劇、少年の成長物、さらには敵と味方がひっくり返るという面白さ。そして、景品目当てでボアジュースを飲みすぎると体が溶ける!(ボアの侵略兵器)という皮肉や、国防庁や大会社が実は「巨悪」という社会風刺、人々の連帯があって初めて悪は拒める、などが見所なのです。何も、ゴーレムの街中の破壊だけが見所と言う作品ではありません、念のため。

 一応、前半のあらすじ。

 各地でゆうれい船が出没し、船舶が襲われるという事件が多発していた。そんな折、嵐山隼人少年は、父が働く造船所をも経営する黒汐コンツェルンの 会長夫妻を助ける。彼らが雨宿りに使った「ゆうれい屋敷」と呼ばれる 古い家にゆうれい船のガイコツ船長が出現。黒汐会長への復讐をしている と告げる。何日かして、街中に突然「ゆうれい船の死の使い」と名乗る巨大 ロボット・ゴーレムが現れ、街中を破壊する。その際、隼人の両親は死亡。しかも、本当の両親は別 にいると知らされる。ゴーレムへの憎しみから、黒汐にゴーレム攻撃の一員に加えて欲しいと志願しに行った隼人。そこで、たまたま味方同志のはずのゆうれい船に攻撃されているゴーレムのテレビ 中継を見る。さらにその後、黒汐の屋敷の地下に秘密工場を発見する。しかも、そこにはゆうれい船に攻撃されたゴーレムも戻ってきていた。本当の悪者が、誰かを知る隼人。その事実を、テレビ中継を利用して人々に 知らせる。「黒汐の仲間にボアという奴もいるぞ」と言うと同時にボアの配下の怪物が、テレビ局を襲う。怪物に殺される黒汐。怪物は、隼人をも追い詰める。大ガニの怪物に屋上から突き落とされそうになった 彼を救ったのは、当初敵だと思われていた空を飛ぶ「ゆうれい船」であった・・・。(以後はシナリオ版エピソード)

 「ゴーレム部隊の襲撃です!」
 隼人は、ゆうれい船の中でボアという真の敵について知る。ガイコツの仮面 を船長が外すと、そこに現れたのは、隼人の本当の父親の顔。船長と親子の対面 を果たしたのもつかの間、ゆうれい船のレーダー吸収装置の効果が、働いていない事が判明した。原因は、ゆうれい船内部から発信されている誘導電波。先に、大ガニロボットが隼人の足に発した粘液が発信機となっていたのだ!襲い来るゴーレム部隊。攻撃される船。さらに負傷する船長。破壊し尽くされた船には、もはやなす術がないのか。 重傷の船長は一計を案じた。助かった乗員は全員脱出させ、自分一人が 船に残る、残ってゆうれい船を操縦してボアの本拠に突っ込む、と。船長の大怪我を手当てしないと、と少女は 反対する。それとは逆に、平然としている隼人。だが、隼人と 少女が先に脱出する時になって、隼人は船長と別 れの握手をすると見せかけ、 船長を船の外へと押し出し、扉を閉める。隼人一人が船内に残った。 扉の外から叫ぶ船長と少女。大事な人である船長を失う訳にはいかないと、 扉の内からつぶやく隼人。その目から涙が零れ落ちる…。だが、隼人は意を決し、船長からの無線でゆうれい船をボアの本拠へと向かって発進させる…。ボアの攻撃を避けながら、海底基地へと突撃する。そして、 隼人はライフロケットで脱出。そこを、ボアのモンスターに襲われ…。と、 海底基地が爆発し、間一髪、隼人は助かる…。

 以上は、幻の「空飛ぶゆうれい船」ともいえる本編後半に当たるシナリオバージョンのお話。この段階ではまだ「準備稿」だったという事で、決定稿は存在しなかったようです。こちらの方が面 白そうだったというのは、今だから言えるのかもしれませんが。この後の展開は、 映画同様、平和の戻った中で隼人と少女が船出をする、というラストです。(シナリオの方はヨットで遊びに行かずに、船で旅に出ますが。)

 実際の映像の方では、隼人がいきなりボアジュース(黒汐の発売していた ジュース)の中毒で苦しんで、レーザー吸収装置のスイッチを切ってしまい攻撃を受けるとなっており、乗員も4人を除いて全員死亡。海底基地への突撃も生き残った隼人と少女が行います。
 これらの大変更は、スタッフと会社側の対立、予算の問題、スケジュールその他のせいで、変えざるを得なかったとも考えられます。ただ 、シナリオ変更の代わりに、「ボアジュース」の存在がクローズアップされたとも言えますが。

 さて、果たしてどちらが「面白い」でしょうか??


カット:ニャンちゅう

prev Next
 
「昭和30年代生まれのためのテレビまんが大全集」では、コンテンツを募集しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

テレビまんが大全集