テレまん噺
 

ども、こんにちは!HAYAKOです。アップがちょい 遅くなりましたが(^_^;)、もう3回めです。 よろしくお願いしま〜す(^O^)。

その3  白黒からカラーへ・・・【「鉄腕アトム」と「スーパージェッター」】

 今回は、放送途中で白黒からカラーに変わった作品のこと。こういう 事は、あの時代はよくありましたけどね〜。

 放送最中に色(!)が変わった作品というと、「魔法使いサリー」 「コメットさん」「もーれつア太郎」なんかがあります。(まだあったか もしれません。マンガじゃないけど、「銭形平次」や「ザ・ガードマン」とか もそうだったハズ・・・。)
 そういった作品は、後年の地上波再放送では、もっぱらカラー化 された回からしか放送してくれないというパターンばかりでしたね。 ただし、「ジェッター」は、白黒とカラーごちゃまぜ放送を見た記憶があります。

 他にも、一部カラー化というと、「少年忍者風のフジ丸」の第1話とか、 「鉄腕アトム」の「地球防衛隊の巻」もあります。(「ハリマオ」も一部カラ ー放送だったとか!)「フジ丸」の方は、さだかではありませんが、 「アトム」の「地球〜」は、1度白黒で作った作品を後日カラーで作り 直したモノです。(どっちも存在している。)しかも、これが総集編 (三本位 の話を一本にした物)の形で劇場公開された際は、何故か 地球防衛隊の博士の娘(実は宇宙人だった)が、アンドロイドと いう設定に変更されてたような。(この設定は、ひょっとしたら全く逆 だったかもしれません(^_^;)。)だから、「地球防衛隊」のエピソードは、 白黒・カラー・内容をいじった劇場用総集編の3種類もありました。 (そもそも「地球防衛隊」自体が、「アトム」じゃない別 の手塚マンガ の流用作でしたよね。)

 そして。「アトム」の様に、後日カラーで作り直した作品で有名な のは、「スーパージェッター」。全話中、半分は輸出用にカラーで描き 起こし直しました。が、同じ話でもカラーと白黒で、若干作画が 変わったりしてる、らしい。しかも、後年の再放送では、上にも 書いた様に白黒しかない話と、カラーで作り直した話で全話 放送した事もあります。
  さらに、最近LDで出てる場合も同じパターンだとか。もとの 白黒版オリジナルフィルムは、一体どこへ行ったんでしょう? LDとかにするなら、その辺もキチンと網羅すべきでは???

PS
タツノコのリメイク「グズラ」も同じだったんでしょうか?(^_^;)
そういや、等身を若干引き伸ばして、カラー化した「宇宙エース」というのも存在してるとか?!


カット:ニャンちゅう

prev Next
 

ご感想を《掲示板》 もしくはメールにてお寄せください。

「昭和30年代生まれのためのテレビまんが大全集」では、コンテンツを募集しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

テレビまんが大全集