DataBase

テレビまんが名鑑

ま行

 

前田昭 アニメーター
 「宇宙人ピピ」「怪盗プライド」等の作画を手掛ける。
 スタジオ・ゼロにも参加。

 

政岡健三 演出家・映画監督
 第二次大戦のさなか、「桜(春の幻想)」「くもとちゅうりっぷ」等の短編モノクロまんが映画を制作。
 “日本アニメーションの父”といわれる。

 

まんが画廊 喫茶店
 西武池袋線江古田駅近くの、アニメショップの草分け的喫茶店。
 常連客から多くのクリエイターも輩出。

 

光延博愛 演出家
 「まんが日本昔ばなし」「ドカベン」「キャプテン翼」「おじゃまんが山田くん」等を監督。

 

椋尾篁 美術

 虫プロ、東京ムービーを経て、ムクオスタジオを設立。
 「鉄腕アトム」「ビッグX」「銀河鉄道999」「火の鳥」等の美術を手掛ける。

 

宮崎駿 脚本・作画・動画・演出家
 東映動画にて「わんわん忠臣蔵」の動画を担当。以降「狼少年ケン」「ガリバーの宇宙旅行」「風のフジ丸」「ハッスルパンチ」「太陽の王子ホルス」「レインボー戦隊ロビン」「魔法使いサリー」「長靴をはいた猫」「空飛ぶゆうれい船」「ひみつのアッコちゃん」「どうぶつ宝島」「アリババと40匹の盗賊」等の原画や動画を手掛け、「さるとびエッちゃん」を最後に東映動画を退社。
 高畑勲、小田部羊一と共にAプロへ。「ルパン三世」に参加。「赤胴鈴之助」「パンダコパンダ」「荒野の少年イサム」「侍ジャイアンツ」の原画に携わった後、高畑、小田部と共にズイヨーに移籍。
 ズイヨーでは「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「あらいぐまラスカル」「未来少年コナン」「赤毛のアン」を手掛ける。
 東京ムービー新社に移籍し、「ルパン三世・カリオストロの城」を初監督。
 《アニメージュ》に「風の谷のナウシカ」を連載。「名探偵ホームズ」の演出の後、東京ムービー新社を退社。
 「風の谷のナウシカ」を映画化。個人事務所二馬力を設立。
 「天空の城ラピュタ」の制作に入り、スタジオジブリを設立。
 「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」 を世に問う。

 

虫プロ 製作会社
 1962年(昭和37年)設立。
 漫画家手塚治虫が、幼少の頃接したディズニーアニメーションの魅力にとりつかれ、東映動画の「西遊記」等の制作現場の経験を踏まえ、自宅ガレージの2階を漫画の「動画部」としてスタートさせた。発足当初のスタッフに、東映動画から坂本雄作、紺野修司、おとぎプロからの山本暎一がいた。
 「ある街角の物語」(38分カラー中編)でデビュー。その後、月刊誌「少年」に連載されていた「鉄腕アトム」を日本初のテレビアニメシリーズとしてスタートさせる。国産初カラーシリーズも虫プロの「ジャングル大帝」だった。
 パイオニア虫プロは急激に大きくなり、その会社維持のため実権作より商業作品を次々に制作していかなければならなくなり、1973年(株)虫プロダクションは倒産。1977年、労働組合の苦闘により虫プロダクション(株)として再スタートした。

 

村田四郎 アニメーター・挿し絵画家
 「タイガーマスク」の作画監督、「ガッタイガー」「宗谷物語」等のキャラクターデザイン、作画監督を務める。

 

森康二 アニメーター
 東京美術学校(現・東京芸術大学)の建築科卒業後、日動映画社(現・東映動画)で、「ポッポやさん・のんき機関士」等の作画を手掛ける。
 その後、「白蛇伝」「太陽の王子ホルスの大冒険」「長靴をはいた猫」等の作画監督を務める。
 「山ねずみロッキーチャック」「フランダースの犬」等のキャラクターデザイン、作画監督でもある。

 

森利夫 アニメーター
 「タイガーマスク」「鬼太郎」「えん魔くん」「グレートマジンガー」「キャプテンフューチャー」「キン肉マン」の作画監督を担当。

 

| back |


テレビまんが大全集

Copyright © 2002 Nyanchoo

counter