冒険少年シャダー

 

データ
原作/ 岡本三輝 制作/ 日放映
キー局/ 日本テレビ 放送時間/ 月〜土曜6:35PM〜
放映期間/ S42/9/18〜43/3/16
形式/ 10分1週連続帯 回数/ 26週(156回)
脚本/ 辻真先
演出/ 片岡忠三
作画/ 桑島信一

 

主題歌
タイトル 作詞 作曲
シャダーの歌 寺山修司 増田豊利

 

白川澄子(シャダー)

 

解説
 超ブランチ能力を持つ少年シャダーが、怪人ゴースターを相手に闘う。
投稿解説

 富士山の洞窟から復活した少年シャダー。彼は、悪人ゴースターが世界制覇をもくろんでいることを知り、地上で知りあったマンボ博士から現代の科学を学習し、博士の作ったイオンカーに乗り、助手の犬ロコとともにゴースターに立ち向かう。
 シャダーは俊敏な運動神経にブランチ能力(分身能力)を持ち金の秘剣マジックナイフで、スーパースペクタ能力(変身能力)を持つゴースターに戦いを挑む。

 とびだせ!バッチリに続く、日本放送映画の第3作。2作目と同様にカラー作品で月〜土までの10分間の帯番組。毎回ゴースターの変身能力に苦戦するが、奮戦の末シャダーが最後に陰謀を粉砕するというのが話のパターンだった。
 当時のアニメにしては珍しい剣と冒険の物語だが、富士山から復活し、現代の科学を身につけているという設定が特徴で、コスチュームもシャダーの中世代風に対し、ゴースターは現代調、助手も犬のロコと赤猫のキャッ太と対照的であり、又、光の剣であるマジックナイフを持つシャダーとその放つ光を苦手とするゴースターの一騎打ちはまさに光と影の戦いで、現在のアニメにもこのパターンは引き継がれている。

 出演は、シャダーに北条美智留、ロコに白川澄子、ゴースターに内海賢二、で、内海氏の悪役らしい高笑いが印象的だった。
 主題歌の作詞を戦え!オスパーに続き、作家寺山修司が担当、剣の打ち合いをイメージする効果 音が作品の特徴をよく表している。
 この作品も帯番組のため、再放送の機会がほとんどないことが残念である。

(文:ソーハイさん)

 

 


+--Prev ..... Index ..... Next--+

「イメージイラスト」と「解説」を募集しています。

テレビまんが大全集