かみなりぼうやピッカリビー

 

データ
原作/ ムロタニ・ツネ象 制作/ 毎日放送


画:MightyMouseさん

キー局/ MBS 放送時間/ 土曜7:30PM〜
放映期間/ S42/4/1〜S43/3/30
形式/ 15分2話 回数/ 54回

  • 放映期間中に、再放送&30分1話完結の回有り。
脚本/ 吉田喜昭
演出/ 光延博愛
作画/ 倉橋孝治

 

主題歌
タイトル 作詞 作曲
ピッカリ・ビーのうた ピッカリグループ 萩原哲晶
雲のドライブ    

 

加藤みどり、高橋和枝、白石冬美ほか(ワンパク6) 千秋ちあき(ピッカリビー)

 

解説
 空から落ちてきたカミナリっ子ビーのいたずら。
投稿解説

 好奇心から地上にやってきたかみなりの子供ピッカリ・ビー。ひょんなことから知り合ったぽん太の家に住み着くことになる。ビーは、ぽん太の仲間ワンパクシックスとともに、科学忍者005右衛門や野良猫の親分ガポネコなどを相手に毎回珍騒動を巻き起こす。

 子供達の中に異能力者が来て仲良くなるというオバQと同じく生活ギャグアニメで、ビーのかわいいキャラクターが人気を呼んだ。

 ビーは、雨雲を自在に作りそれに乗って空を飛ぶことができる。また、雲から雨を降らせることができる。指先からはなつピッカリ光線を浴びた者はへそに花が咲き笑いが止まらなくなる。ただし、帽子(ピッカリハット)を取られるとこれらの能力は使えなくなる(ピッカリハットを取られて危機に陥る話がしばしばある。)。さらに水がないと雲がつくれない(砂漠に迷い込み水がないので雲が作れないという話があった。)。

 仲間であるワンパクシックスは、そろって勉強は嫌いだが元気な小学生で、人がよくて気の弱いぽん太、口うるさいガミ子、ガキ大将のゴン太、大食漢のゲンショク、計算が得意なレジ、オシャレなカルダンなど個性的だった。仲間内でケンカをすることもあるが、みんな人情家で005五右衛門やカポネコに団結して立ち向かう。

 敵役の005右衛門がことあるごとにビー達に珍発明で挑んで最後にやられるというパターンは後番組のファイトだ!!ピュー太に受け継がれた。声優にビーは小学4年生の千秋ちあき、ぽん太に加藤みどり、ワンパクシックスは伊藤牧子、高橋和枝、小宮山清、貴家堂子他、005右衛門に近石真介と芸達者なメンバーがそろっていた。

 最終回、ビーはかみなりの国から迎えが来て、みんなと別れることになる。敵役の005右衛門の別 れを惜しむ姿が印象的だった。

(文:ソーハイさん)

 

 


+--Prev ..... Index ..... Next--+

「イメージイラスト」と「解説」を募集しています。

テレビまんが大全集