少年忍者風のフジ丸

 

データ
原作/ 白土三平 制作/ 東映動画
画: UMIさん
キー局/ NET 放送時間/
日曜6:30PM(〜31)
火曜7:30PM(32〜)
放映期間/ S39/6/7〜S40/8/31
形式/ 30分1話完結 回数/ 65回
脚本/ 飯島敬 志原弘 内田弘三
演出/ 白川大作 矢吹公郎 田宮武 勝間田具治 村山鎮雄
作画/ 楠部大吉郎

 

主題歌
タイトル 作詞 作曲
少年忍者風のフジ丸 小川敬一 服部公一
たたかう少年忍者 小川敬一 服部公一

 

小宮山清(フジ丸) 芳川和子(太助) 加藤ミドリ(ミドリ)

 

解説
 本格的な忍者ものを目指し、風魔、甲賀、伊賀、武田といった忍法を、解説付で見せた。
 番組の最後の忍術解説「忍法千一夜」に人気があった。

 

投稿解説

 畑仕事をしている女、その傍らに、籠に入って赤ん坊が寝ている。
 突然、舞い降りた大鷲が、赤ん坊をさらって飛び去っていく、「ぼうやー!」母の悲痛な声が響いた。

 時は戦国(嵐の時代〜)、覇権を争う大名たちの間に不思議な巻物の噂が流れていた。「龍煙の書」これを手に入れた者は天下を取ることができるという。巻物を巡って暗躍する忍者団、三つ巴四つ巴の争奪戦が繰りひろげられていた。

 風魔一族の天才少年忍者フジ丸は暴虐な頭領・風魔十法斉と袂を分かち、最初は野望をいだいて巻物を狙うが、やがて「龍煙の書」の真実(毒ガスの製法書)を知り、これを葬らんと行動する。

 フジ丸を導く不思議な老人いっかん道人、鷲にさらわれた我が子を探して旅をしている女、祖父と暮らす少女美香(のち「ミドリ」と改名)、フジ丸を師と慕う太助少年、物語は複雑に絡み合い、やがて風魔十法斉との最後の決戦へとなだれ込んで行く・・・

 東映のTV動画第二作め。白土三平作品(「忍者旋風」)を原作とする忍者もの。
 番組の終わりに、戸隠流忍者三十四代目の初見良昭と女優本間千代子による「忍法千一夜」(実写 映像による忍法の解説)がついていた。
  >これを信じて忍法の練習した私、でも、「水蜘蛛」なんて物理的に不可能なんだって、こ、子どもをだますなーっ!
 「龍煙の書」篇が終了の後も、好評につき東映オリジナルの話で65話まで続いた。

(文:ティエレン28さん)

 


+--Prev ..... Index ..... Next--+

「イメージイラスト」と「解説」を募集しています。

テレビまんが大全集