LIVE FROM NEW YORK CITY LIVE FROM NEW YORK CITY 1967

SIMON & GARFUNKEL

 

 サイモン&ガーファンクルのことは、時々忘れてしまう。
 今日は何を聴こうかと家のCD棚を眺めている時、彼らのアルバムの幾つかが目には入っていて、「うん聴いてみよう」と一瞬よぎっているのに、手に取ったレッチリに気を取られ通 り過ぎていた… そんなことがしばし。
 気が付くと、もう2〜3年聴いてないなぁ… なんてことも。
 でもそんな風にたまに掛けるサイモン&ガーファンクルが、たまらなく良かったりする。

 彼らの歌には、じっと聴き入らせる何かがある。
 歌詞カードに目を落とし、対訳を眺めながら二人のハーモニーを聴く時、机に向かって曲を作るポール・サイモンの姿が何故か浮かんでくる。サイモン&ガーファンクルの歌は、机上の匂いがする。
 レコード・ジャケットやスナップでしか窺い知ることのできない二人の表情が、寡黙で溌剌とはしていないからだろうか?
 がしかしそれは、世界が狭いということではなく、机上から飛び立つような(だけど静かな)広がりを見せている。でも、起点はポール・サイモンの部屋の机の上。

 例えばそれは、
そして僕らは煙草をひと箱と
ミセス・ワーグナーの店のパイを買い
アメリカを捜しに旅立った
(『アメリカ』)
のように。

 『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム(Parsley,Sage,Rosemary And Thyme)』('66)リリース後に行われた、サイモン&ガーファンクルのニューヨーク、リンカーン・センターのステージでのライブ('67)が、35年の時を経て遂に陽の目を見た。
 一部『グレーテスト・ヒッツ』と『オールドフレンズ・ボックスセット』といったオムニバスで披露されていた音源もあるが、頂点へ駆け上るいちばん勢いのある時期のライヴを、こうしたコンサートの模様としてきちんと聴けるのは、なんとも嬉しい(何故かオムニバスには入っていた『レッド・ラバー・ボール』が未収録だが)。

 ポ−ルサイモンのアコ−スティック・ギタ−と二人のハ−モニ−だけという最小限の構成が、曲が本来持つ素晴らしさ、そして英語が堪能な方なら判るだろう詞のインパクト、そして恐れ入る程のギターの巧さを際立たせている。
 MCもきっと楽しいのだろう(英語が判れば(笑))。

 グループとして活動していた時代では唯一のライヴ・アルバムになるらしいが、ちょっとこれは(遅れてきた)かなりな名盤だ。一部マスター・テープの劣化を気付かせる箇所もあるが、これ以上劣化が進む前にCD化されたことは賢明だ。

 彼らの歌には、じっと聴き入らせる何かがある。
 僕はヘッド・フォンを手にとって、僕だけの中でこのアルバムを聴いてみた。

 時々忘れてしまうサイモン&ガーファンクルのように、しばらく忘れていたある感情がひょっこり起きてきて、どうしようもなく切なくなった。

 


+--prev---index---next--+

 

Copyright2002 Nyanchoo

DO,DE,DA