風になりたい 風になりたい
作詞・作曲 吉田拓郎

川村ゆうこ

 

 吉田拓郎ソング・ブックみたいなCD『よしだのうた』がリリースされた。
 これは拓郎が他のシンガーの為に書いた曲を集めたオムニバスで、数年前に東芝から『我が良き友よ』ってのも発売されてる。今回のフォーライフ版は、レコード会社の垣根を飛び越えての16曲で、若干東芝の『我が良き友よ』と重複している歌があるけれど、割と拓郎の提供曲の中ではメジャーなものが収録されている。

 この収録曲全部を僕はレコードで持っているんだけど、それでもCDを買っちゃうっていうのはファンの性というか、まあ、いまはわざわざシングル・レコードを引っぱり出してプレイヤーに乗せるのも面 倒だから(笑)。

 で、久々に聴いて、やっぱりいいなぁ〜って思ったのは、川村ゆうこの『風になりたい』。

 知ってるかな? 川村ゆうこ(笑)。
 小室(哲哉じゃないよ!)・拓郎・陽水・泉谷の4人で設立されたフォーライフレコードが新人募集をして、見事合格・デビューしたのがこの川村ゆうこ。
 キャッチ・フレーズは「5人目のフォーライフ」。

 拓郎がプロデュースすることになって、詞・曲とも拓郎による『風になりたい』のデビュー・シングルが切られた。
 フォーライフも社運を賭けていただろうし、注目度もかなりなものだったから、渾身の力を込めて書きました… って仕上がり。うん、とってもいい歌。

 この歌、その15年後位に拓郎がセルフ・カバーをしていて、それがまた良い仕上がりで。その時は「あ、、、拓郎本人の方がいいな」なんて目新しさもあってか思っていたけど、こうしてまた年月を経て2者同じスタンスで聴き比べると、川村ゆうこ版の良さがグッと滲みてくる。

 まず、イントロがいい。こんな勿体付けた不思議なイントロってないよね。アレンジは松任谷正隆なんだけど、これが素晴らしい。
 そして淡々とした歌を淡々としたリズムが支えていて、不安定で脆そうな女心を歌っているのにちょっとドライ… でも側にいたらすっと抱きしめたくなる(笑)、そんなビミョーなニュアンスが決して巧くない歌に表れている。
やさしくされたら ゆれてしまいそう
追いかけたくても 一人で残ります
悲しむことより 想い出作りに
私は今でも 時を送りたい

通り過ぎる あなたが風なら
私も今すぐ 風になりたい
 でも、結局ヒットはしなかったんじゃなかったかな。

 テレビには出てたのかなぁ。。。憶えているのは『セブンスターショー』の拓郎の回にゲスト出演した時くらいのもの。
 あとはニッポン放送で『フォーライフ・フォー・ユー』って番組のパーソナリティをガロの大野真澄としていて、その公開を何度か観に行ったことがあって。その頃出た『旅人のように』って歌も好きだったな。

 その後、川村ゆうこがどうしたのか全く知らない。
 ロックに転向したとか、そんな話もどこかで読んだけど、よくわからない。ネットで検索しても出てこなかった。

 その後フォーライフの新人オーディションからは、原田真二、杏里というスターが生まれた。

 【よしだのうた】
  1. あゝ青春 〜トランザム
  2. 雪 〜猫
  3. たどりついたらいつも雨ふり 〜モップス
  4. いつか街で会ったなら 〜中村雅俊
  5. 僕は何をやってもだめな男です 〜南こうせつとかぐや姫
  6. 狼なんか怖くない 〜石野真子
  7. やさしい悪魔 〜キャンディーズ
  8. 風になりたい 〜川村ゆうこ
  9. 襟裳岬 〜森進一
  10. メランコリー 〜梓みちよ
  11. 歌ってよ夕陽の歌を 〜森山良子
  12. 僕 笑っちゃいます 〜風見慎吾
  13. 風の街 〜山田パンダ
  14. 失恋魔術師 〜太田裕美
  15. 東京メルヘン 〜木之内みどり
  16. 我が良き友よ 〜かまやつひろし

    よしだのうた

 


+--prev---index---next--+

 

Copyright2001 Nyanchoo

DO,DE,DA