I do, You do
あなたらしく、わたしらしく


太田裕美

 

 大興奮。
 遂にと云うか、やっとと云うか、待望のアルバムの初CD化。何でいままでこれがCD化されなかったのか、不思議でならない。も〜待ちくたびれてましたよ、僕は。持ってるレコードは擦り切れて、裏面 の音が聴こえてきちゃうほどだし。
 ホント、復刻運動でもしようかなと真剣に考えていた矢先だけに、CDショップで見つけた瞬間、目を疑い、手まで震えた。

 太田裕美って云えば、誰しも真っ先に思い浮かぶのが『木綿のハンカチーフ』。他には『九月の雨』とか『赤いハイヒール』とか『南風』あたりかな。いずれにしても、そうしたアイドル歌手としての路線だよね。スクール・メイツ出身らしいし、アイドルとして名を馳せたわけだから、それはそれでいいんだけど。

 でもね、実は太田裕美は天才だったんです。

 '83年、『Far East』というアルバムを手始めに、『I do, You Do』『TAMATEBAKO』と3アルバムをリリースした彼女は、その時紛れもなく天才だった。
 何故かこの3作、これまでCD化されてなくて(ベストCDには収録曲の数曲が選曲されてはいた)、もう憤懣やるかたなしって感じだったんだけど、この度何の前触れもなく3作ともめでたくリィシュー。

 『Far East』を聴いたとき(僕がハタチくらいだったかな…)既に、ん?ん?ん?って予兆はあったんだけど、続く『I do, You Do』で彼女の才能とセンスは爆発した。プロデューサーもエラかった。惜しむらくは、ヒットしなかったこと(爆)。これは聴く側にセンスが無かった(笑)。

 兎に角、このアルバム、それぞれの楽曲のクォリティが高く、無駄がなく、そして全体のバランスが文句なくいい。山本みき子という方の書く詞はどれも粒立ちが良く、キュートで繊細で切ない。あとに知ったのだが、この山本みき子さん、その後、銀色夏生と名前を変えていた!!
 そして、太田裕美自身が作曲したその歌たち。アイドルが片手間に歌を作りました… なんてレベルでは決してなく、山本みき子の歌詞との釣り合いも抜群で、そのコンポーザーとしての力量 には脱帽。

 もう、あんまり嬉しいから、全曲解説しちゃおう!

満月の夜 君んちへ行ったよ
 イントロのベースが恰好いいよね〜。歌全体が醸し出している奇妙な雰囲気をビリビリ予感させる、練られたイントロ。これだけでもうキマリなのに、出てくる歌詞が不思議すぎ。Aメロ、Bメロ、Cメロの展開もわくわくモノで、繋がりも抜群。シングル・カットされました。

葉桜のハイウェイ
 板倉文・作曲。
 単調なAメロから一転、「後をひいてた 糸がとんでく 今日も世界は みかん晴」のBメロの美しさがぐぐっと胸にしみる。
 そしてサビの「はざんくらの〜 ハイウェイ〜」(と聴こえる(笑))のメロディが、いまでもふとした時に口をつく。実は、失恋の歌。

お墓通りあたり
 う〜ん。何故かこの歌も、よくアタマの中をよぎるんだよね〜(笑)。
 こうしたバラエティに富んだメロディが出来たっていうのも、この頃の太田裕美の絶好調さを物語ってる。
 「たばこ屋はいつも 角にあるね〜」のメロディがGood! 。

ガラスの週末
 '80年代っぽいメロディー・ライン。ふわっとしたAメロのあと、「私なら何処でもゆける〜」の展開がうまいな〜って感心しちゃう。
 「悲しい目をして 恋をいじめないで」
 恋愛において、誰でも思い当たるその場面で、「ふたりなら何でもできる 忘れかけてたことが見えてくる」と切り返す詞もいい。

こ・こ・に・い・る・よ
 なんて切ない5拍子。本作中、僕のベスト・フェイバリット・ソング。聴いているだけで、じーんとしてくる。。。
 「空の彼方に 君はいるって?
  だけど僕は ここにいるよ
  指をひろげて 何を待つって?
  僕はいつも ここにいるよ」
 アナログでは、A面最後の歌で、果てしのない寂寥感をもって、胸に迫ってくる。
 「それより僕とスキップしよう」
 演奏が終わった後、レコード針がリターンしてくるまでの“プチッ、プチッ”ってノイズまでが切なく思えてた日を思い出す。

移り気なマイ・ボーイ
 この歌と次の『パスしな!』は、可愛らしいことこの上ない(笑)。
 「いやだと言えないダメな人 たぶん今頃あの娘の部屋 心ならずも笑って酔って 星でも見ながらベッド・イン」
 ポップな曲のテンポと詞のテンポがベスト・マッチ。
 「移り気な My Boy 青い夜明けに窓をたたく あなたの昔の癖だった」
 「移り気な My Boy 好きだと言われて なぜ?と聞く」
 なかなか書けない。こんな詞。

パスしな!
 いやぁ〜、いいなぁ〜、この歌。作曲は川島UG。
 構成のユニークさもそうだけど、歌われてる世界がとってもお茶目。これは、ここでいくら説明してもわかんないな〜、きっと。聴いてみて(笑)。
 ところで、“入れかわりごっこ”って何だろ?

ロンリィ・ピーポーIII
 前作『Far East』にも入っていた下田逸郎・作詞の『ロンリィ・ピーポー』の続編なのかな。ここでも太田裕美のメロディ・メーカーとしての才能が光ってる。急に開花したのか、それまで隠していたのか、、、。
 「あなたに夢中になると 私の心は浮かんで 高速道路の滑走路 あなたにむかって無重力」のサビが、とってもキャッチー。

ロンリィ・ピーポーII
 これも下田逸郎の詞だけど、作曲は岡本一生と亀井登志夫。
 このアルバムで見事だなぁ〜って感じるのは、太田裕美の曲を中心に、こうした岡本一生&亀井登志夫といった人たちが曲を、それも個性的な曲を提供しているのに、まったく浮き上がったり、ミス・マッチな感じがないところ。プロデューサーの手腕か。
 とってもいい歌。

33回転のパーティー
 ラストは、いかにもラストといったおももちの歌(笑)。タイトルもいかにもでしょ?(爆)。
 唄い方も「Dance Dance Dance」のところが、太田裕美の往年の舌っ足らずイキイキみたいで、まあご愛敬。
 女の子向けアニメのエンディングっぽいこの歌は、板倉文・作曲。

 でもね、こうして改めて聴いて、やっぱりイイなぁ〜って思う。このアルバムは。
 太田裕美に限らず、'80年代にレコードを出した人の不幸は、コンピュータ・ミュージックのはしりで、バックの音がどうしてもスカスカしちゃってるってこと(いまはコンピュータでも、手弾きにひけ劣らない情緒ある音が出せる)で、その点いま聴くとサウンド的不満はあるけれど、それを補って余りある歌たちの素晴らしさがこのアルバムにはある。

 これまでCD化されなかった事に関しては、ヒットしたアルバムでもないし、所謂“太田裕美ファン”向けの雰囲気ではないし、仕方ないことなのかな… ってな諦めもあったんだけど、太田裕美さんご本人が、このアルバムをどう受けとめているかを知りたいと、ずっと思ってた。
 ずっと思ってて、昨年発売になった本『太田裕美白書』を読んでいたら、ほんの、ほんの少しだけこの『I do, You Do』に触れている箇所があって。太田裕美さんご自身もいちばん大好きなアルバムだということがわかり、我がことのように嬉しかった。

 余談ですが、(恥をしのんで云うと)随分前に僕自身アルバムを作ったことがあって(爆)。
 そのレコーディング中、ベースのIクンが、「なんかこのアルバム、太田裕美の『I do, You Do』みたいな雰囲気がありますね…」などと云い出して。
 「なにぃ!オマエは『I do, You Do』を知ってるのか !?」
 「はい、大好きなアルバムですから」  …てなやりとりに、「実はこのアルバムは『I do, You Do』を目指していた」胸中を打ち明け、もうオレを支えてくれるベーシストはIクン、オマエしかいない! といった展開になり、Iクンとはもう長いつきあいです(笑)。

 兎に角、日本のポップス史上、珠玉の名盤です。

 


+--prev---index---next--+

 

Copyright2001 Nyanchoo

DO,DE,DA